2009年9月1日火曜日

出来るヤツ

・・・・・・っということで、仕事が出来るに越したことはないが、

出来るからといって何でもやってしまうのは問題である。

あまりお目にかからないが、仕事の出来るヤツというのは居るものである。

でも、「一目置かれる出来るヤツ」と「便利な出来るヤツ」との間には、雲泥の差がある。

ここで問題にするのは、後者である。

学生時代も、会社に入っても、何人かそういう種類の人間に出会ったが、

必ず「便利屋になるなよ」とアドバイスをした。

出来るものだから、皆にあてにされてしまうのである。

自分の仕事範囲以外でも、背負い込んでしまうのである。

その結果、本人は疲弊してしまうのである。

それでいて、周囲からRespectされるならいいのだけれど、

逆に、軽く見られてしまうのである。

身を削って多くの仕事を成し遂げたのに、評価されないのである。

これは、本人にとってとても辛い。

組織にとっても為にならない。

同じ出来るヤツでも、一目置かれる出来るヤツになるためには、演技が必要なのである。

Work Sharingという言葉があるけれど、上手くやらないと、有望な人材を潰してしまうことになる。

//

0 件のコメント: