2009年9月18日金曜日

君主論

・・・・・・っということで、民主党議員と官僚の戦いである。



今度の政権は、官僚主導から、政府主導にすると意気込んでいる。



官僚=弊害という図式は、分かりやすい。



だが、官僚を敵に回して押さえつけるやり方は賢明ではない。



どうせ知識と経験、そして大事なことだが、頭の良さは官僚の方がずっと上なのであるから。



議員たちが彼らを使いこなすというのが、官僚システムの本来の姿である。



自民党の長い政権のなかで、彼らは議員との付き合いを覚え、議員達の能力の低さを見、



逆にコントロールする術(すべ)を身に着けた。



この逆転現象が悪いのであって、官僚システムそのものが悪いわけではない。



いまは政権交代したばかりなので、政府側も肩に力が入っているだろうが、



遅かれ早かれ、老獪な官僚達に手なずけられる公算が高い。



では、どうするべきだろうか?



いままでの官僚のシステムは変える必要はないし、変えると言ってはいけない。



ただ、トップは責任を取らせる必要がある。



濡れ衣でも何でもいい。



それも早い時期に、一気に行う必要がある。



小出しではいけない。



これが出来ないと、コントロールはムリだろう。



まあ、ムリと思うが・・・・・・。

0 件のコメント: