2009年9月22日火曜日

夢の話

・・・・・・っということで、変な夢を見た。

ぼくは第三者の視線で夢を見ている。

要するに映画を観ているのと同じ。

場所はアフリカか、南米のジャングル。

イタリア軍が、現地の黒人達の間で活動している。

捕虜を捕まえた。

広場に連行すると、ある場所で捕虜が強く地面を踏みしめながら、何か叫び始めた。

空に向って手を差し伸べながら。

人々が集まってきた。

捕虜は狂ったように地面を足でドンドンと踏んだ。

ぼくは叫んだ。

爆弾だッ!!

みんな逃げろッ!!

(いつのまにか自分も夢に参加しているんですけどね。)

でも人々は逃げない。

ぼくとイタリア兵は一目散に広場から逃げ出すんですけどね。

テロリストが捕虜になった場合、予め仕掛けておいた地雷で自爆するよう、

前もって決められていたらしいんだけど、

そこは夢。矛盾だらけです。

結局、爆発したのかどうか分かんないんですけどね。

基地に戻って、現地人宿舎を見回っているんですけど、

そこに古いラジオが置かれている。

「オイ、このラジオ、連中が聞いているところ見たことあるか?」

(いつのまにか自分は基地の司令官になっているんですけどね。)

「そういや見てないですね」

・・・・・っと言いながら、部下がスイッチを押すと・・・・・

ラジオから白い煙がモクモクと。

みんな逃げろッ!!

・・・・・・

ここで、夢から覚めた。


・・

0 件のコメント: