2009年9月4日金曜日

小波賛歌

・・・・・・っということで、ディープな話になるかな?

我が小波スポーツは、アンチ派と擁護派に極端に分かれるクラブのような気がする。

ぼくはハッキリ言ってアンチ派である。

カミサンはそれに輪をかけた、極端なアンチ派である。

カミサンがこれほど、旗幟を鮮明にすることは珍しい。

何でだろー???

・・・・・・ってぇのが、今回のテーマ。

会員の中に両派があることは知っているが、インストラクターはどうだろう?

だいぶ前だけれど、あるクラブのあるインストラクターと話したとき、

「以前のクラブが買収されてしまって、残念ですねー」とぼくが話題を振ったら、

「ホント、わたし大っ嫌いなんです。」と、思いがけない返事が返ってきた。

これほど明確に好き嫌いを口にするとは、聞いたぼくの方が驚いてしまった。

聞くところによると、行きたくないクラブにもクラスを持たされるのが一つの理由なのだそうだ。

そりゃそうだわな。

以前のクラブはワンランク上の層を狙っていた。

だから、わりとリッチな土地柄に、リッチな施設を作っていた。

もちろん、会員もそれなりのはずだ。(これは例外だらけだが・・・。)

インストラクターとしても、気持ちよく働けたのだろう。

それがナンジャ?

小波だぜ。

ダッセー小波だぜ。

全国展開の、最大規模を誇るスポーツクラブだぜ。

立地?施設?会員の質?

手作りの寿司屋に行ったつもりなのに、機械握りの回転寿司屋に変わっちゃったゼ。

・・・・・・ってなもんでしょうね。

会員だって、インストラクターだって、そりゃ気分良くないゼ。

・・・・・・っと、ディープな話になる前に、ここで一度終わります。

またそのうち話しの続きをしたいと思います。



//

0 件のコメント: