2017年6月22日木曜日

さらばフィットネスクラブ

・・・・・・っということで、明日から北海道旅行に出てしまうので、フィットネスクラブとはオサラバです。

入会3ヶ月、一番楽しみにしていたエアロビクスとステップのレベルがあまりにも上がってしまい、参加できるクラスがないという、実に皮肉な結末を迎えてしまいました。

こんなことばっかりブログで愚痴っていては、読むほうもさぞかし楽しくなかったことでしょう。

実際、読者からクレームが来たくらいです。(^^ゞ

・・・・・・

しかし、コレはとても本質的なことだとぼくは思うんです。

コレとは、クラスのレベル設定と実際が全く一致していないということです。

原因は簡単です。

上位クラスの会員が下のレベルに下りてきて、勝手にレベルを上げてしまうのです。

コレは実にケシカラン迷惑行為です。(でも、やるほうは実に楽しい。)

歴史が長いフィットネスクラブほど、こういう現象は起きます。

ちょっと考えれば、理由は簡単です。

参加する会員のレベルが時間の経過と共に上がるのは自明の理です。

誰だって上手くなるのです。

じゃあ、上のクラスに上がればイイじゃん・・・・と考えるのは、現状を知らない人が言う言葉です。

フィットネスクラブ黎明期には、初心者の数が絶対的に多かった。

明確なクラス分けは理論上機能していた。

しかし、参加者の殆どが上手くなったら、初心者クラスと初中級クラスの間の差はどんどん開くばかりなのはアタリマエのことなんです。

理論的に説明が付くのです。

ですから、ぼくはこの現象に対して非難するつもりはありません。

いつまでもVステップとグレープヴァインの繰り返しじゃ飽きちゃいますもんね。

・・・・・・

次にクラブ側も現実から目を逸らして会員のわがままに流されているのも問題。

・・・・・・

ここに、もう一つの要素が加わります。

インストラクターです。

インストラクターは会員からもう少し難しくしてくれという要望に応えざるを得ないのです。

だって、会員が参加しなくなったら飯の食い上げだからです。

さらにタチが悪いことに、インストラクターもより難しいコレオグラフィーを教えたいという根本的欲求を持っているのです。

簡単なコレオグラフィーで持たすより、複雑なコレオグラフィーのほうが簡単なのです。

教えている自分もそのほうが楽しい。

・・・・・・でしょ?

ねぇインストラクターの皆さん。

上手い人たちに囲まれていたほうが、下手くそに囲まれているよりずっと面白い。

・・・・・・でしょ?

だって、自分が女王様?王様?になれるもんね。

・・・・・・

ちょっと言い過ぎ?

・・・・・・

でも、この際はっきり言っちゃいますが、アンタら工夫が足りない。

努力が足りない。

インスピレーションが足りない。

disciplineが足りない。

principleを持っていない。

顧客へのサービスは難しくすることだけなのかと考えて欲しい。

実は、それが一番安易な方法だと気付いてほしい。

・・・・・・

ぼくは、初級から初中級クラスの限られた条件の中で素晴らしいレッスンをするインストラクターを何人か見てきた。

彼らは、コレオグラフィーの豊富なバリエーションをいくつも創作する能力を持っている。

ただ単に、コレオグラフィーを創作するばかりでなく、プレゼンテーション能力がとても優れている。

話術がとても上手い。

その日のスタジオの雰囲気を一発で支配してしまう。

単純な動きの組み合わせだけれど、それ以上の楽しみを提供できる。

そう、優れたエンターテイナーなのである。

・・・・・・

はっきり言って、このフィットネスクラブには一人もそんなインストラクターは居ない。

これだけのレベルの高い会員たちを相手にするくらいだから、個々の能力は高い選りすぐりのインストラクターばかりである。

しかし、初級~初中級を自らの確固たる信念に基づき、レッスンを提供できるインストラクターは一人も居ない。

残念なことである。

・・・・・・

以上、最後のスカしっ屁ということで。(^^ゞ



2017年6月19日月曜日

初中級エアロビクス

・・・・・・・っということで、今日は朝一番のスピニング(エアロバイクね)のクラスに出ました。

このクラスは台数が限られているから、開始30分前から早い者順に名簿に名前を書きます。

3分後に余裕で行ったら、もう残りは二人分しか残っていませんでした。

こんなことってアリ??

前々回は、「あら珍しい朝のクラスで満台になるなんて」ってインストラクターが言っていたのに、これじゃ時間前から並ばなきゃならなくなるじゃない。

・・・・・・・・・・・・・・

例によって汗の水溜りを床に作って、30分のクラスが終わりました。

大きなほうのスタジオを外から覗くと、ちょうど初中級クラスが佳境に入っているところでした。

お分かりのとおり、初中級といっても、内容は上級クラスのレベル。

当初、知らずに参加して散々撃沈させられたクラスです。

人気クラスで満員御礼。

皆さん上手い人ばかりで、一糸乱れずにコレオグラフィーを間違わずにこなしています。

手のフリなんかも完璧。

上手いなぁ~~~~

昔は、こんなぼくでも「初中級」くらいのレベルなら、難なく参加していたんだけどなぁ~~~~~

どう見たってこれは上級。

上級も上級、その上のクラスといっても他のフィットネスクラブじゃ通用しますよ。

なんか、ズルいよなぁ~~~

ぼくみたいなエアロビクスを愛する人間を締め出すなんて。(T_T)

ガラス越しに中を覗いている爺さんの後姿は、さぞかし哀れだったでしょうね。(ーー;)




初級でも手の振りが付くと・・・

・・・・・・・っということで、初級エアロだから2ブロック構成。

Vステップ、Aステップ、グレープヴァインは必ず付いてきます。

眠っていても出来ます。

しかし、美人インストラクターだから上手い人も参加して盛況です。

ヤッパ美人は得だなぁ~~~~~

インストラクターも眠っていても出来ますが、そこはプロ、飽きさせない工夫をしてきます。

本日は、①前々(閉じてね)⇒②後ろ後ろ(開いてね)⇒③ボックス(ちょっと飛び跳ねてね)⇒④ステップニーアップ

・・・・分かりますよね。

簡単ですよね。

ここにアームズ(手の振りね)が付きます。

①で内から外へ両腕を回します。

②で左⇒右順番に水平に手を開きます。

③今度は①とは反対に外から内へ両腕を回します。

④ご存知拳骨を上へ突き上げます。

・・・簡単でしょ?

ね?簡単ですよね?

後ろでやっていた超初心者の女性がそれまで出来なかったのに、アームズが付いた途端、出来るようになったのです。

分からん。

女性の脳の構造はホントーに分からん。

・・・・・・・・・・

えっ?

ぼくですか?

手が付いた途端、出来なくなっちゃうんですよ。(T_T)



2017年6月13日火曜日

『エアロビクス脳』

・・・・・・・っということで、ぼくの脳はどうなっているんだろう。


数あるステップとエアロビクスの中級レベルで、ぼくが唯一(かろうじて)付いていけるクラスであります。


従いまして、これが出来ないとこのクラブには何一つ参加するクラスがないということになるので御座います。


いわば、最後の頼み綱のクラスであります。


確かに、旅行に出ていて、1~2回間が空いてしまいましたよ。


アアそれなのに、それなのに、無様に撃沈してしまったので御座います。


それも酷いことに、やっているのが1ブロック目のコレオグラフィーなのか2ブロック目のものなのか分からなくなってしまったのであります。


出だしは似ています。


でも、言い訳にはなりません。


1ブロック目には途中フリーズがあったはず。


1ブロック目には確かキックしてパドブレがあったはず。


えっと、たしかこの次はフリーズだよな、そこから付いていけるかな??


アレレ、フリーズがないよ。


ならば、今やっているのは2ブロック目のコレオグラフィーなんだ。


その逆も同じ。


出来る所に網を張って待っているけれど、全て外れる。


・・・・・・・・・・


久々のお地蔵さん。


周囲のオバサンたちが、ぼくを見ないように気を使ってくれるのが余計に寂しい。


・・・・・・・・・・っで、考えたのだけど、


『エアロビクス脳』ってありますよね。


普段は使わない回路だけど、エアロビクスのときだけ機能する。


ちょっと使わないと、その回路が錆付いてしまうんです。


その回路に通電するけれど、ちゃんと機能するには時間がかかるのです。


・・・・・・・・・・っま、そういうことにしておきましょう。(T_T)



2017年6月12日月曜日

半月ぶりのフィットネスクラブ

・・・・・・・っということで、2週間ほど旅行に出ていたので半月ぶりのフィットネスクラブになりました。

出たのはスピニング。

あのエアロバイクです。

今朝のNHKでこれを真っ暗闇の中でやるのが流行っていると放送していました。

暗いと誰にも気がねなく思いっきりハイになれるのがウケているそうです。

そっか、実際に自転車で夜道をぶつかる心配もなく思いっきりぶっ飛ばすことなんか出来ないですもんね。

さらに、ノリノリの音楽をガンガンかけて、インストラクターに煽られれば、いいストレス発散になりますもんね。

そのことをインストラクターに言ったら、ちょうど今夜研修に行く予定とのこと。

是非ここも採用して欲しいですね。

様々な工夫をしてブームを創出する努力って大事ですもんね。

久しぶりの運動なので、かなりバテてしまいました。

しかし、そのあと腹筋マシーンを使ったら、なんとスイスイ出来るじゃありませんか。

以前のウェイトじゃ物足りないんですよね。

どーしてだと思います?

↓これですよコレ!

コレが効いているんです。



そこの貴方!三日坊主で終わったと思っているでしょ?

続いていますよ~~~

オットドッコイ(^o^)

最初の3日間がツラい。

腹筋痛が酷く、まるで拷問。

しかし、それが過ぎると、あまり苦にならなくなるんですね。

分からないと思いますが、距離がだんだん遠くなっても戻せるようになるんです。

コレは良いですよ。

両方とも使った経験者として言わせてもらいますが、ワンダーコアよりずっとイイ。

しかも千円程度で、持ち運び簡単。

旅先でも使えます。

・・・・・・・・

スピニングと腹筋マシーンが終わったあと、ひと風呂浴びて体重計に乗ったら

・・・・・・・

ここでドラムの連打になって、シンバルがジャァ~~~~ンと鳴ると・・・

77.2kgでござんした。

キャッホー(σ≧▽≦)σ

2017年5月27日土曜日

コレオグラフィーは次回から新しくなります

・・・・・・・っということで、今日は今月の最終土曜日。

それがどぉ~した?

いやね、

フィットネスクラブの世界では、エアロビクスとかステップとかのメニューは1ヶ月毎に変わることが多いんです。

インストラクターはコレオグラフィー(振り付けね)を考えるですが、毎回変えるなんてメンドーですよね。

だから、毎月単位で変えるのです。

まあ、3ブロック構成で、そのうち1ブロックだけ変えるってやり方もポピュラーですが。

あまり簡単だと、1ヶ月持ちませんよね。

だから、そのクラスのレベルを鑑みて、これくらいの難度なら1ヶ月あれば持つよなぁ~~って、インストラクターは見積もるのです。

その辺の按配は分かる人には分かる。

インストラクターの腕の見せ所ですね。

・・・・・・・・・・ってなことで、今日は今月の最終回が多い。

今日、ぼくが参加したエアロビクスもそうだった。

インストラクター(美人)が、今日でこのコレオグラフィーの最終回です・・・・・とアナウンスしたのです。

えっ??

・・・ってぇのがぼくの反応。

このクラスはインストラクターが美人なので、何があろうと参加するクラス。

だが・・・・・・

4回目のコレオグラフィーであるはずなのに、初めてのような気がするんですけどぉ~~~~~~

インストラクター(美人)としては、もう完璧にできていいですよねぇ~

だって、4回目ですもの・・・・

ってぇニュアンスがヒシヒシとつたわってくる。

でも・・・・・・

1週間経てば完璧に忘れいるって

・・・・・・(T_T)

ぼくは痴呆症なのでしょうかね?

それとも、これはフツゥーなのでしょうかね?



2017年5月16日火曜日

筋肉

・・・・・・っということで、エアロビクスとステップに連続して出てハードな動きをしても、2日ほどは疲れが取れないけど、筋肉痛は起きないのです。

若いときには翌日は筋肉のアチコチが痛くて動けないほどだったのに、不思議ですね。

最近は少し気合いを入れて腹筋運動をしているのですが、腹筋が痛くならないのです。

不思議ですね。

どうしてかなぁ~っと疑問でしたが、ようやく謎が解けました。

そもそも痛くなる筋肉がないのです。

最近は漸く腹の回りの脂肪が筋肉に置き換わって、今日はちょっとだけ腹筋が痛いです。(^^ゞ