2014年6月17日火曜日

久しぶりのフィットネスネタ

・・・・・・っということで、久しぶりのフィットネスネタ。

ある人のフィットネスライフのブログを読んで思い出したこと。

インストラクターの視線からも、会員の視線からもチンタラ動いている会員の姿を見るのはツライ。

ツライというより、腹が立つ。

「なんだヨォ~~?」

「オメェ~運動しに来てるんだろう?」

「省エネで動いていちゃ運動にならんだろう?」

と、口には出さないけれど、心の中でイラつく。

・・・・・・

気持ちは分かりますよ。

ぼくだって、何度そう思ったことか。

オメェエ~一人が、スタジオ全体のテンションを下げているのが分からんのか。

そもそも、失礼だろう?・・・って。

・・・・・・

でもね、こう考えてみて下さい。

アナタが怪我をしたり、病気で長い間フィットネスクラブに出られなかったとしますネ。

でも、万全じゃないけれど、出たいと考えるのは当然じゃないですか。

そこで、体に負担をかけない程度に、動いてみるって気持ち分かるでしょ?

みんなの足を引っ張りたいとはまったく思わない。

以前動けていた動作には程遠いけれど、あのときの楽しさは蘇ってくる。

・・・・・・

そんな気持ちで参加する人のことを、誰が非難できるでしょう。

歳をとるってことは、それと同じようなものなんです。

前のように動けなくなるってことだけが確かなのです。

勿論、嫌なヤツは沢山存在しますよ。

動けるのに動かない、そんな連中こそ非難されるべきです。

でも、もしアナタが病気でもなく、怪我でもないのに動けない歳になったとき、アナタはどんな気持ちで参加しているのか・・・

そんな年寄りを温かい目で見てやってほしいのです。

フィットネスクラブには、運動だけを提供するのではなく、その他の楽しみを提供する場でもあることを・・・

・・・・・・

でも、嫌なヤツは歳とは関係なくヤだよなぁ~~~~(ーー;)