2015年6月26日金曜日

フィットネスクラブの人々

・・・・・・っということで、久しぶりに体育館エアロビクスに出ました。

ご存知の通り、ぼくがこのブログを始めたときのテーマは「エアロビクス」でした。

ご存じない方は信じられないかも知れませんが、エアロビクスだけのテーマでやたら書きまくりました。

そのタイトルは【フィットネスクラブの人々】。(^^ゞ



懐かしいなぁ~

ホント懐かしい。

もちろん、エアロビクスの社会(?)を描くことによって、現実社会の断面を描いたつもりです。

結構スルドい切り口だったと自負しています。

その辺の事情が分かる人と、ぜんぜん分からない人に分かれ・・・



その時代からぼくのブログを今も読んでくれている人たち・・・

ホントーにありがとうという気持ちを

この場を借りて

お伝えしたい。

ホントーにありがとう。


ですから、ぼくの読者は・・・

変な人ばかりです。

^m^


・・・っというのはジョーダンで、この程度のジョークでビビる人なんかいません。(^^♪



・・・・・・

さて、前置きが長くなってしまった理由は、今日参加したエアロビクスから、何のブログネタも思い浮かばないんです。(>_<)


フツーに始まって、フツーに展開して、フツーに終わってしまったのです。

その中から、人生教訓のカケラも、深い人間洞察も、ツウ好みのウィットも、自虐の笑いのネタも得られなかったのです。



そりゃぁ~展開が終わり最後の通しの段階で、インストラクターも参加者も、みんなのテンションがMaxに上がったところで、CDの音が飛びに飛びまくってインストラクターがオロオロしたとか・・・、

若い男子が初参加していて、ソイツがエアロビクスの超上級者で、この初心者クラスでどうやって自分が上級者であることを隠そうか四苦八苦している姿を鏡で見ていて面白かったとか・・・、

来週と再来週はこのインストラクターが代行を立てると発表した時、何故か皆から拍手が湧き起こったその理由が分からないとか・・・。

3週間ぶりに参加したのだけれど、一度も話したことのないオバサンから最敬礼されたこととか・・・、

ブログで書く話題未満の出来事ばかりなのでした。


・・・・・・っというより、話題を切り取る自分の力量が衰えたのかな。(T_T)




2015年6月8日月曜日

【虎ノ門サンデーヨガ】その2

・・・・・・っということで、「虎ノ門サンデーヨガ」について書くつもりだったけれど、実際はぼくではなくカミサンと次女が参加したものなので、止めておきます。

屋外、それも芝生の上での初めての体験だったけれど、とても気持ちが良かったというもの。

 


ただし、一部のインストラクターの追っかけ集団が傍若無人な振る舞いをしていて、せっかくの良い企画だったのにスッゴく気分を害したという話。


フィットネスクラブで起きていることが、こういう公開の場でも起きているってぇことですね。

どーして、こういう連中が発生するんでしょうね?


昔、「エアロヤクザ」というものを定義したことがあるけれど、「ヨガヤクザ」ってぇのもいるんですね。(-_-;)


2015年6月7日日曜日

【虎ノ門サンデーヨガ】その1

・・・・・・っということで、【虎ノ門サンデーヨガ】ってご存知ですか?

ぼくはヨガってとても好ましいと思うけれど、あまりの自分の体の固さ故に向いていないと悟っています。

それはそれは、信じられんほどぼくの体は固いのです。

何度かヨガクラスに参加しました。

参加する前にインストラクターに、「スッゲェ~~固いですけど大丈夫ですか?」・・・っと聞くんです。

すると、「ヨガは体の固い人のためにあるんです」・・・っと、ニコやかに答えるのです。

この言葉に何度騙されたことか・・・・

インストラクターがぼくのところにやって来て、「ココをコオ~やって」

・・・って、修正を試みるのですが、ぼくの体の固さはインストラクターの経験値を遥かに超えているんですね。

だから、そこから先の指導方法が分らないんですね。

だから言ったでしょ?

ぼくは体が固いって・・・

そんなこんなで、同じような経験を何度も繰り返し、

ヨガはいいとは理解しているけど、ぼくには無理だということを悟った訳です。

・・・・・・

あっ!【虎ノ門サンデーヨガ】のことでしたよね。

カミサンも体が固い。

でも、ぼくよりは柔らかいので、ヨガに凝ってしまった。

ぼくから見ても、ホント体がみるみる柔軟になっているのが分る。

もうエアロビクスもステップには目もくれない。

ヨガ一筋である。

【寺ヨガ】って知っています?

お寺でヨガをするんですよ。

信じられます?

カミサンはずっと寺ヨガに通っています。

体育館ヨガにも通っています。

・・・・・・

っで、【虎ノ門サンデーヨガ】

あまりにも前置きが長くなったので、

・・・つづく。





2015年6月5日金曜日

ナンちゃってジジイ

・・・・・・っということで、月初めだからエアロビクスのコレオグラフィーが変わる。

初心者クラスだから、別にいつ行こうと難しい振り付けで困るなんてことはない。

参加している連中の理解度レベルがどの位上がっているかが興味といえば興味である。

・・・・・・

またもやギリギリで体育館に入った。

驚いたことに今日は右大臣席どころか、最前列右半分の席が全部空いていた。

こんなことは初めて。

ポジション争いで、割り込まれるなんて心配不要である。

滅多にないことなので、最前列ど真ん中、砂被り席に入ることにした。

体育館なので、全面が鏡張りっという訳ではなく、申し訳程度に少しだけ張ってある。

いつもの右大臣席では、自分の姿が鏡に映ることなんてない。

動いている自分に久しぶりのご対面である。

・・・・・・

たまには真ん中もイイね。

美人のインストラクターを正面に拝むことが出来る。

彼女の息使いも聞こえる。

もちろんコレオグラフィーは超簡単な構成。

んでも、今回は足捌きがちょっと複雑といえば複雑。

それにちょっとだけ手が付くんだけれど、そこは初心者、鏡で見る限り大半の参加者が出来ていない。

そうなればエアロビクス暦10ン年のぼくとしては、皆の手本になるような動きをしなきゃならないと自然に責任感が芽生えてくる。

マア、ぼくなんかだれも見ちゃいないで、インストラクターばかり見ているのが現実なのだろうけれど、それでもインストラクターの助けに少しでもならないとと義務感も出てくる。

・・・・・・

それにしてもカッコイイネぼく。

とても62歳のジジイの動きには見えないね。

・・・なんちゃって。(^^ゞ