2013年1月29日火曜日

フィットネスライフ

・・・・・・っということで、最近はあまり書いていませんが、

フィットネスクラブにも熱心に通っていますヨ(^o^)丿

・・・・・・

「フレディー君」のステップ。

前回、「これで完成形ですか?」とぼくが聞いたのを気にしていたのか、

今回は、背面スタートと最後のピポットターンを加えた。

んん~~~~ん、それでもあまりいい出来のブロックじゃないなぁ~~

・・・・・・

ぼくが一番好きな「スーちゃん(スー族ね)」のエアロビクス。

「今日の体の調子に合わせて、楽な動きでもいいですよ。」

さらに、

「自分でアレンジしてもいいですよ。良ければ私がパクリます。」

とのたまう。

最後列でやったのと、少し物足りなかったので、勝手にターンやリズムチェンジのアレンジを加えてやっていた。

スーちゃん、それを見て一言も言わなかったが、ナンか嫌みたいな表情をしていた。

ヤッパリ。

・・・・・・

「むっちりタンク」のステップに出た。

相変わらず女性ばかりの参加者。

そこでぼくが、「今日も女性ばかりですね。女性にモテモテですねぇ~」と茶化すと、

「男性に人気がないって証拠ですかねぇ~」だと。

むっちりタンク君を見直した。

・・・・・・

「日体大出身君」のステップとエアロビクスに出た。

ステップは苦手なようだ。

途中給水タイムが終わった後、すぐにまた給水タイムに入った。

コレオグラフィーを忘れてしまったインストラクターって、初めて見た。

それとは正反対に、次の中級エアロビクスでは水を得た魚のようだった。

彼はエアロビクスのほうが断然得意だということを再確認した。

・・・・・・

「海老マヨ」のステップに出た。

「アラァ~~~久しぶり」と言われた。

そんなタメグチを叩かれる間柄じゃなかったはずなのに、驚いてしまった。

彼女のコレオグラフィーの特徴は、台の上でチャチャが多いこと。

前回はどうしても出来なかったが、今回は出来た。

やっぱインストラクターごとのクセに慣れることだと思った。

・・・・・・

っと、こんな具合でフィットネスライフを楽しんでいます。(^o^)丿






2013年1月26日土曜日

認知症とエアロビクス

・・・・・・っということで、入院しているオヤジの病院から、

「先生が説明したいことがあるから是非ご長男様もご同席を」、

と言われれば断るわけにはいかない。

出たいエアロビクスを諦めて母親を車に乗せて病院に行った。

現れたのはTVにも出演するという超ベテランの内科ドクター。

びっちり詰まった講演の合間を縫って、オヤジのために時間を割いたとのこと。

偉い先生らしい。

ぼくと同年齢か、ちょっと上くらいかな?

途中電話がかかってきて、スケジュールが一杯で物理的に不可能だと断っている。

何度か緊急の要件で看護婦が病室に入ってきたが、ぼくらと話し込んでいたため結局遠慮して何も言わずに出て行った。

・・・・・・

マア、そんなことはドーでもいいのだが、

彼は健康維持のためにフィットネスクラブに通っているとのこと。

どんなに忙しくても、毎日1時間は体を動かすことにしているのだそうだ。

「あっ、私もフィットネスクラブに通ってますよ」

・・・と、つい口に出しそうだったが止めた。

・・・・・・

彼の説明だと、人間のDNAは70年も80年も生きるようには出来ていないそうだ。

昔なら、医学が発達していなかったので、そこまで生きる人間は稀だったが、

いまじゃ入院患者のほとんどが高齢者だ。

そういう自然の摂理に反してまで生きるのなら、

人間それなりに努力しなきゃならんそうだ。

まったくそのトーリ。

説得力がある。

・・・・・・

もともと足が弱くヨチヨチ歩きのオヤジ。

そこにもってきて、今回の骨折だ。

ますます体を動かさなくなる。

入院中なので、会話も殆どなくなる。

まさしく、オヤジは認知症街道まっしぐらなのだ。

・・・・・・

彼の判定によると、オヤジは認知症テストの30点満点の内、24点なのだそうだ。

ギリギリセーフ。

だが、彼によるとオヤジは明らかな「パーキンソン患者の顔」をしているそうだ。

これ以上の進行を止めるには、適度な運動と、脳の活性化しかないのだそうだ。

・・・・・・

これを聞いて、今月末でフィットネスクラブを退会しようと考えていたぼくの決心は揺らいでしまったのだ。

だって、エアロビクスとステップはその両方に効果があるじゃないですか。

(^o^)丿















2013年1月25日金曜日

短気

・・・・・・・っということで、気が短い人間は風呂も早い。








ぬるい湯でゆっくり温まるなんてぇ芸当は出来ない。







アッチッチの熱湯にパッと入ってパッと出る。







だから温泉に行っても、時間を持て余すこと持て余すこと・・・。







フィットネスクラブの湯はぬるくてかなわんから、滅多に入らない。







椅子に座って洗うこともしない。







必ずシャワーだ。







髪の毛も超短いから、シャンプーはホンの少量で足る。







乾かすときも、アッというまだ。







ロッカーでモソモソ着替えているヤツを見ると、腹が立ってくる。







・・・・・・







でも、その後は何時までもチンタラと飲んでいるんだけどサ。







(^^♪







2013年1月23日水曜日

霊界の入り口

・・・・・・・っということで、








○スタジオ内で、一箇所だけ床が滑る所ありません?







いくら拭いても滑る所。







○満員状態のスタジオで一箇所だけ空いていて、ラッキーと思ってそこに入ると、やたら寒いことありません?







みんな汗だく状態なのに、そこだけ異様に寒い所。







○スタジオの鏡で参加人数を数えたあと、振り向いて実際に数を数えてみると、どうしても合わないことありません?







何度数えても、鏡のほうが一人多いんです。







○レッスンが進み、テンポが上がってノリノリになっているとき、音楽の中に雑音が聞こえません?







どうも、誰かの笑い声が聞こえるんです。







○スタジオの鏡を写して外からスタジオ内を覗き込んでいる人見ません?







振り返って確認すると、誰もいないんです。







○エアロビクスの途中、後ろの人とぶつかることありません?







振り返って、スミマセンと言おうとすると、ぶつかるような近さには誰もいないんです。







・・・・・・



















2013年1月22日火曜日

ガサツ嬢のこと

・・・・・・っということで、久しぶりにガサツ嬢の初中級ステップに出た。

今回が2回目である。

ガサツという印象を受けたのは、ちょくちょく間違える上、ああだこうだと言い訳が多いからである。

しかし、彼女の作るコレオグラフィーは一級品だ。

今日も結局アタフタした印象を受けたまま終わったが、「モッタイナイ」の一語である。

せっかくこれだけレベルの高い作品を作ってきたのに、もう少し自信を持って展示しなさいヨと言いたい。

・・・・・・

彼女も最初に断っていたが、初中級とはいうものの、限りなく中級に近い内容。

その証拠に、集まってきた会員はドイツもコイツも明らかに上級レベルの連中ばかり。

そう、今日は30人ほど集まったが、28人は上級者。

残り2人の限りなく初級に近い初中級者けだけに向けてレッスンをしていような状態。

もちろん、ぼくはその2人のうちの一人ざんす。(-_-;)

・・・・・・

もう一度繰り返すが、モッタイナイ。

良い品質の商品なら、それに見合ったプレゼンテーションをすべきだ。

もう少し、自分の商品に自信を持っていいんじゃないだろうか。

安い商品ならまだしも、とてもモッタイナイ。

(なんか日本製品のことを言っているようだが。)

・・・まあ、そういうところが彼女の魅力で、大好きなところなんですがね。

ここまで書くと、誰のことか堪の良い人はお分かりと思います。(^o^)丿



2013年1月21日月曜日

病み上がりステップ&エアロビクス

・・・・・・・っということで、絶好調っ!(^o^)丿








まずフレディー君の初中級ステップに出た。







例の、1ヶ月経ってもコレオグラフィーを変えない彼氏である。







まあ、変えないだけあって初中級にしては完成度が高い。







その彼が、次回は変えますと宣言したコレオグラフィーなので、ソリャもう期待度高いです。







1ブロック目は3週間前に変えたヤツね。







ボールチェンジ、ストラドルチャチャ、ツイストでまたストラドルチャチャという変則的な足捌き。







まあ、なんてことはないわサ。







もう目を瞑っていても出来る。







・・・・・・っで、登場しました2ブロック目の新作。







真剣に分解をガン見しながら付いていく。







この先どう変化を付けてくるんだろう?







・・・・・っというところで給水タイム。







さぁ~~てコレからだぞっと、先の展開を期待するが、







いつの間にか、1ブロックからの通し。







・・・・・えっ?2ブロックはあれでオシマイなの?







どう見たって、未完成じゃないの?







・・・・・・あっ!そぉ~か、時間切れで続きは次回なのね。







・・・・・・







帰り際に、フレディー君に聞きました。







「2ブロック目はあれでオシマイじゃないですよね?」







・・・・・・????







フレディー君、怪訝な表情を浮かべる。







日本語通じないのかなぁ~?







再度、「2ブロック目はあれで完成形ですか?」







フレディー君当然のような顔をして、







「ハイ、完成形です」(^o^)丿







「・・・・・・」







どうみたって、未完成ですよね。







まさかあれで、1ヶ月持たせる気???







可愛そうに、今回はコレオの神様は彼に降臨しなかったのね。







・・・・・・







っで、次のスーちゃんの初中級エアロビクスに出る。







スーちゃんてぇのは「スー族」のスーちゃんですから念のため。







オオッ!久しぶり。







「あけましておめでとうでいいんですか?」との挨拶。







・・・・・・







病み上がりだけれど、最前列の砂かぶりにポジション取りをする。







間違えない。







一箇所も間違えない。







間違えないのはぼくで、彼女の方が左右を間違える始末。







どぉ~しちゃったんだろう?







絶好調。







絶好調なのはぼくで、砂かぶりの義務を完璧にこなす。







2ブロックの最後の通しだって、余裕でスタジオ内を見渡している。







ついクセが出てしまい、何箇所かスピンを加えてしまった。







それを目ざとく発見したスーちゃん、







「あっ!勝手に回転を加えてるっ!」







・・・・・・







病み上がりはなんか頭が冴えて、いつもよりハイになっているようだ。







・・・・・・











(^^ゞ

2013年1月18日金曜日

What GGY said (その38)

・・・・・・っということで、中国に一番足りないのは「謙虚さ」であろう。

だが、中国人に謙虚さを求めるのは「木に縁りて魚を求む」ようなものだ。

ならば、少なくとも「傲慢」でないよう努力すべきだ。

中国が世界からマトモに扱われたいのなら、先ずこれを学びなさい。

ちなみに日本。

少しは【傲慢と思われるのを恐れない】くらい図太い精神を持つべきでしょう。




2013年1月17日木曜日

黒船がやって来るぞっ!!

・・・・・・っということで、ステップ復帰は早過ぎたみたい。

夕方になり、絶不調。

6時にはこうして布団にもぐり込んでしまいました。(-_-;)

・・・・・・

昨日股関節の骨折手術をしたオヤジの見舞いに行った。

行かなきゃ良かった。

手術前は顔色もよく、受け答えもしっかりしていたのに、

・・・・・・

ボケてしまった。

これほど急激にボケは進行するものなのか。

もう唖然とするしかない。

何を言っているか聞き取れない。

今言ったことをすぐ忘れてしまう。

今年は何年ですか?との問いに、

1853年と答えた。

ペリー提督が黒船でやってくるぞ!!

違うでしょぉ~?

と問い直すと、しばらく考え込んでから、700年・・・・

いまの天皇は天武天皇かよっ!!

・・・・・・

悲しい、

とても悲しい。

かつては将軍閣下で尊敬を集め、天皇から勲章を戴き、秀才と謳われた男の哀れな姿である。

・・・・・・

愕然としたためか、風邪がぶり返してしまった。

(-_-;)





病み上がりステップ

・・・・・・・っということで、1週間ぶりで運動をした。








朝一番のサボりん嬢の初中級ステップ。







こういう体調のときは初級から出るべきなんだろうが。







案の定、体がフワついて気合が入らない。







持久力が落ちて途中休み休みだったが、どうにかクリア。







完全復活とはいかないが、適度な疲労と、シャワーを浴びたあとの爽快感はなんともいえない。







・・・・・・







アタリマエだが、健康が一番ざんすね。(^^♪







1週間ぶりにエアロビクス

・・・・・・っということで、昨日は睡眠薬を飲んで8時に寝てしまった。

4時に目が覚めたので、8時間寝たことになる。

おぉ~~し、今日は1週間ぶりにエアロビクスに出るぞっ!

2013年1月12日土曜日

入会半年経過

・・・・・・っということで、正月から続いている咳が良くなるどころか、どんどんヒドくなっていく。

薬を飲んでるのだが、昨夜はろくに寝られなかった。

えっと、今日は何日だっけ?

・・・ってな具合で、3連休はどこにも行く気がしない。

カミサンが房総の水仙の里に行きたがっているのは知っているのだが。

ブログも書く気にならないのだが、車の定期点検でディーラーに来ていて、ヒマなのでこうやってパソコンを開いたってぇワケ。

・・・・・・

いまのフィットネスクラブに入会してからはや半年が過ぎようとしている。

なんか、飽きてきたなぁ~

こういうことを書いちゃいけないのだろうが、どうしても出たいと思わせるインストラクター(=クラス)が少ないような気がする。

大手のクラブだから、都内にある程度の数の店舗が揃っていて、お気に入りのクラスを見つけ易いはずなのに、どうしても出たいというクラスが殆どない。

これまでのクラブでは、どうしても外したくないクラスが何本かあったのに不思議だなぁ。

だから、何曜日はこのクラスというものがなく、毎回スケジュール表を見ている。

数えてみたら、この半年でちょうど30人のインストラクターのクラスに参加している。

・・・・・・

ここまで書くと、インストラクターのせいにしているように聞こえるかも知れないが、

よく考えてみると、自分にチャレンジする精神が衰えてきたことに気付かされる。

簡単に言うと、自分が楽に出来るクラスばかり選んで出ているのが原因なのである。



(-_-;)


2013年1月11日金曜日

むっちりタンク

・・・・・・っということで、初参加の初中級ステップに出た。

そうねぇ~、あだ名は「むっちりタンク」。

男性インストラクター。

上半身ムッチリのタンクトップが似合う好青年。(^^ゞ

下はカーゴパンツで決めている。

いかにも上手そう。

そして、難しそう。

例によって「難しいですか?」と聞く。

・・・・・・

っで、始まりました。

テンポは遅め。

こういうクラスは先ず難しくないというのがぼくの得た経験則。

案の定、難しいどころか1.5ブロックの超簡単コレオグラフィー。

2名の初心者を除いて、クラスのほとんどが出来ている。

・・・・・・

終わった後、彼がぼくに聞きました。

「簡単でしたかね?」

「ンンン~~~ん、簡単すぎますネ」と、正直なぼく。

・・・・・・

だが、おばさん連中には人気抜群。

レッスンが終わった後、おばさん連中に囲まれ、まるでヨンさまのような人気。

・・・・・・

シャワーを浴びてロッカールームを出たところ、なんと彼はまだおばさんたちに捕まっていたのだった。





疲れるけど・・・・・・

・・・・・・・っということで、カリントウ嬢のステップはステップというより、ステップを使ったエクササイズなんですね。








えっ?そもそもステップはそういう運動じゃないかって?







まあそうなんですが、ヤッパリ頭を使う部分の楽しさってあるでしょ?







難しいコレオグラフィーを覚えるとか。







出来のいい作品(?)を最後に通して、恍惚の境地に入るとか・・・・・。







ぼくなんか、エクササイズというより、ボケ防止の意味が強いから、あまりウルサく言われるのは敵わんのです。







・・・・・・







カリントウ嬢はどちらかというと、ヨガとかストレッチが得意なインストラクターだと感じるのです。







背は高くないんだけれど、筋肉の引き締まり具合とか、脂肪の少ない体型を見ると、







ああ、鍛えているなぁ~と分かるのです。







そういうインストラクターは、姿勢にウルサイ。







そして、どういう風に動けば運動効果が上がるのか、とてもよく知っている。







彼女の言うとおりにすれば、普段のストレッチも一味違った効きかたをするんですね。







さすがプロ。







・・・・・・







毎回出るごとに、ヤンワリ注意を受ける。







このヤンワリが曲者で、ぼくのことを名指しにしないんだけれども、明らかにぼくに対して注意しているんですね。







昨日は、「腰が落ちてきていますよ」というものだった。







疲れていなくても、ぼくは腰が曲がってしまう。







要するに、椎間板ヘルニアの後遺症なんですが、普通に歩いていても、「腰が痛いのですか?」とよく聞かれてしまう。







・・・・・・







そんなこんなで、彼女のステップあまり楽しくない。







でも、人柄がいいので、ついつい参加しちゃうんですね。







疲れるけど・・・・・・(^^ゞ















2013年1月9日水曜日

ハタヨガ

・・・・・・っということで、昨日やったヨガはハタヨガというものらしく、

ヨガの中では基本の型なのだけれど、一番キツイ部類だとのこと。

そういや、途中ぜんぜん休みなしで、そのうえ結構沢山のポーズがテンコ盛りだった。

ぼくがジタバタしながらポーズを決めようとしているころは、全員とっくに静止して、

特徴である深呼吸をしながら瞑想に入っている。

みんなのカッコイイこと。

これぞヨガってな感じで決めている。

それにしてもなんですなぁ~、股の間から片手を突っ込んでお尻のところで合掌したり、

背中に回した手を合掌するなんて、ぼくが子供のときも出来なかった芸当を平然とやっている。

ゆったりした神秘的な音楽に合わせて、宇宙の神秘にまで心をもって行くのが本当なのだろうが、

ぼくときたら、コンチクショーなんて毒づきながら、ヨガマット(?)に汗をボタボタ滴らせている。

宇宙の神秘どころか、最初に習った呼吸法のことさえ学習できていないのである。

エアロビクスよりはるかにキツくて、最後はフラフラだった。

・・・・・・

それにしてもみんな、カッコイイねぇ~~~~(^_^;)




2013年1月8日火曜日

ヨガは優れた拷問です

・・・・・・・っということで、低血圧ワールドをもう少し味わってみようと、医者に薬を変えてもらうことを先延ばしにした。


エアロビクスとステップのクラスがあったけれど、何か激しい運動をする気になれない。

そこで、ヨガのクラスに出ることにした。

フィットネスクラブに入会したとき、何度か出たことがあるが、ホントーに久しぶりである。

ディープブレス・・・ナンとかという名前のクラスで、最近流行のアレかと思って参加することにした。

若い兄ちゃんインストラクターに

「体ががムチャクチャ硬いんですけど」と断ると、

「そういう人に是非出て欲しいクラスです」

と愛想のいい返事が返ってきた。

・・・・・・

だが、ぼくの硬さは彼の想像を絶していたようだ。

まず、長座が出来ない。

足を伸ばすと、後ろにひっくり返ってしまう。

「無理なら曲げていいですよ^_^;」との優しいお言葉。

基本ポーズの両手両足を突いて、お尻を高く上げるポーズ。

みんなきれいな△の形になる。

ところが、ぼくのはどう見たっていびつな五角形。

何しろ、足首が曲がらないので、足の裏と手のひらを同時に着地できないのだ。

・・・・・・

休みなしの45分のコースは、ぼくにとって「拷問」の連続であった。

途中、何度も逃げ出しそうになった。

もし、ぼくが何かの重要機密を持っていたとして、自白させるのは簡単だろう。

ヨガのポーズをとらせればいいのだ。

・・・・・・


終わった後、ぼくを見送るインストラクターの顔には諦めと共に、哀れみの表情が浮かんでいたのであった。

低血圧の世界にようこそ

・・・・・・っということで、ぼくは高血圧である。

上は160前後、下は110近く。

血圧降下剤を飲んでいたのだが、最近はあまり効果がなかった。

医者を変え新しく薬を処方してもらった。

アムロジピンの量が5mmgから10mmgに倍増していた。

薬局の薬剤師が大丈夫かなとつぶやいた。

・・・・・・

超久しぶりにフレディー君のステップに出た。

スッゲェ~疲れた。

変な汗が出るし、心臓が悲鳴を上げている感じ。

頭もふらふらする。

こりゃぁ~血圧が低くなっているぞと確信した。

・・・・・・

その後、一杯飲みに誘われた。

体調悪いが、断れる性格ではない。

ビール⇒スパークリングワイン⇒ひれ酒と進むうちに、世界がオレンジ色に見えてきた。

心臓の鼓動にもなにか余裕がない感じ。

「このまま死んじゃうのかなぁ~」って、マジ思った。

飲み会は途中で失礼して、家に帰った。

帰る途中、依然世の中はオレンジのフィルターがかかったように見えた。

・・・・・・

血圧を測ったら55~95だった。

低血圧の世界にようこそ、とカミサンが言った。



2013年1月5日土曜日

昔のエアロビクス

・・・・・・っということで、昔のエアロビクスって知らないんだけれど、

ウォーク&ジョグのクラスってありますよね、

大体、最後の仕上げにジョグっていう科目を加えるんだけれど、

これって、昔のエアロビクスじゃないですか?

・・・・・・

楽しいですよねぇ~~~。

単純だけれど・・・・・・

展開するインストラクターもスッゴク楽しそう。

・・・・・・

分かりますよね?

スッゲェ~楽しい。

単純だけれど、これぞ有酸素運動だって・・・・・・


・・・・・・

ケンケン

ジョグジョグ

サイドキック

ダブルキック

フロントクロス

バッククロス

シェイクシェイク

ダブルシェイク

・・・・・・

ちょっとレベルが上がって

ロッキングホース

ケットントン

・・・・・・

あぁ、イイなぁ~~~

単純だけどね・・・・・・(^_^)v



ヒ・ミ・ツ・・・・

・・・・・・っということで、新年5日目にしてようやく初エアロビクス。

まあ、予想通りなんですがね、

体が重い。(-_-;)

もう、無茶苦茶重い。

正月だからといって、普段より沢山食べたという認識はあまりないんだけれど、

まあ、酒は飲んだワナ。(^^ゞ

朝から・・・・・・。

それでも、野放し状態ではなかった・・・よね?(^_^;)

・・・・・・

そう、ムチャクチャ重い。

そのくせ、インストラクターは煽る煽る・・・(@_@)

「正月明けなので無理しないでネ」なんて言っていたくせに、

「チャンと踵はお尻までッ!!」

「チャンと膝を上げてッ!!」

「チャンと背筋を伸ばしてッ!!」

「チャンと音楽に合わせてッ!!」

・・・・・・なんて、厳しいこと厳しいこと。(@_@)

もう、ヘロヘロでござんす。(>_<)

・・・・・・

っで、体重計に乗ったところ・・・・・・

80kg超え・・・・・・

どのくらい超えたかは、

ヒ・ミ・ツ・・・・・・

(-_-;)