2017年5月27日土曜日

コレオグラフィーは次回から新しくなります

・・・・・・・っということで、今日は今月の最終土曜日。

それがどぉ~した?

いやね、

フィットネスクラブの世界では、エアロビクスとかステップとかのメニューは1ヶ月毎に変わることが多いんです。

インストラクターはコレオグラフィー(振り付けね)を考えるですが、毎回変えるなんてメンドーですよね。

だから、毎月単位で変えるのです。

まあ、3ブロック構成で、そのうち1ブロックだけ変えるってやり方もポピュラーですが。

あまり簡単だと、1ヶ月持ちませんよね。

だから、そのクラスのレベルを鑑みて、これくらいの難度なら1ヶ月あれば持つよなぁ~~って、インストラクターは見積もるのです。

その辺の按配は分かる人には分かる。

インストラクターの腕の見せ所ですね。

・・・・・・・・・・ってなことで、今日は今月の最終回が多い。

今日、ぼくが参加したエアロビクスもそうだった。

インストラクター(美人)が、今日でこのコレオグラフィーの最終回です・・・・・とアナウンスしたのです。

えっ??

・・・ってぇのがぼくの反応。

このクラスはインストラクターが美人なので、何があろうと参加するクラス。

だが・・・・・・

4回目のコレオグラフィーであるはずなのに、初めてのような気がするんですけどぉ~~~~~~

インストラクター(美人)としては、もう完璧にできていいですよねぇ~

だって、4回目ですもの・・・・

ってぇニュアンスがヒシヒシとつたわってくる。

でも・・・・・・

1週間経てば完璧に忘れいるって

・・・・・・(T_T)

ぼくは痴呆症なのでしょうかね?

それとも、これはフツゥーなのでしょうかね?



2017年5月16日火曜日

筋肉

・・・・・・っということで、エアロビクスとステップに連続して出てハードな動きをしても、2日ほどは疲れが取れないけど、筋肉痛は起きないのです。

若いときには翌日は筋肉のアチコチが痛くて動けないほどだったのに、不思議ですね。

最近は少し気合いを入れて腹筋運動をしているのですが、腹筋が痛くならないのです。

不思議ですね。

どうしてかなぁ~っと疑問でしたが、ようやく謎が解けました。

そもそも痛くなる筋肉がないのです。

最近は漸く腹の回りの脂肪が筋肉に置き換わって、今日はちょっとだけ腹筋が痛いです。(^^ゞ


2017年5月11日木曜日

スタイルのいい女性

・・・・・・・っということで、フィットネスライフが復活してはや1ヶ月以上が過ぎました。

何か変化があったでしょうか?

ベルトの穴が一つズレました。

そう、痩せたのです。

1ヶ月1万数千円の会費の費用対効果としては如何なものか、甚だ疑問ではありますが、とりあえず体重が少しだけ、ほぉ~~~んの少しだけ減りました。

体重82~83kgだったものが78kgを行ったり来たり。

4~5kg体重が落ちたことになります。

以前の経験では73kgというベスト体重の瞬間記録を打ち立てたことがありますが、この年齢でビールを飲みながらでは無理というものです。

それでも、この調子で1年も続ければ、75kgも夢ではありません。

・・・・・・・・・・

ぼくが行く時間帯は殆どが主婦なのですが、彼女等はぼくよりずっとずっと真面目に通い続けているはずです。

時々なのですが、同じクラスのスタジオの前のほうにスタイルのいい女性と一緒になることがあります。

小柄なんですが、とても体のバランスがいい。

さらに、トレーニングエリア内でも、時々ハッとするようなスタイルのいい女性の後姿を見ることがあります。

こんなジジイでも、やはり気になる。

気になって、前に回ってご尊顔を拝見すると、例外なしにガッカリさせられる。

ドォ~~~~~~してなんでしょうね?

私には分かりません。

(^^ゞ



2017年5月7日日曜日

短時間で汗をかきたければ

・・・・・・・っということで、ぼくは気が短い。

そんな人間がトレッドミル(ランニングマシーン)で30分も走るのはツライ。

走るのは体に良いことは分かっていても、その時間が持たない。

スタジオプログラムなら、1時間でも退屈しない。

トレッドミルで走っている人は同じように退屈しているはずで、多くの人がイヤホンを着けて音楽を聴きながら気を紛らわしている。

ぼくのような超が付く短気な人間にオススメの運動がある。

それはスピニング。

最近知ったのだけど、イギリスではこう呼ぶらしい。

日本では、エアロバイク。

こんなんです。↓



通販で買える自転車コギコギとどこが違うのか?

ママチャリとロードバイクとの違いかな?

ハンドルの高さやサドルの位置なんかは自分の好みに変えられる。

そして、レバーによって負荷が自由に変えられるのがミソ。

中には、スピードメータとか回転数なんかが付いているのもあるが、一切付いてないのも多い。

もう10年前にこの存在を聞いていて、ヨーロッパでは大人気だと知った。

ようやく日本のフィットネスクラブでも置くようになった。

これで何をするかというと、インストラクターの指示に従って皆でコギコギするのである。

もちろんノリノリの音楽に合わせてである。

運動には大きく分けて2パターンで、負荷は軽くても高速で回転するパターンと、負荷を重くして立ち漕ぎするパターンである。

只それだけなので、なぁ~~んだと思われるかもしれないが、結構辛いにもかかわらず楽しいのである。

インストラクターにもよるが、とても上手に煽るのである。

30分なんかあっという間。

だが、その効果は絶大で、マシーンは汗まみれ、床は汗の池が出来る。

この運動のいいところは、負荷調整は自分任せであること。

要するに誤魔化せるのである。

坂道を登って一生懸命漕いでいるように見えるが、実は負荷を軽くして漕いでいても誰もわからないのである。

このマシーンはその人間が誠実であるか不誠実であるかを計るという隠れた効果を持っているのだ。

・・・・・・・・・・

もちろん集団で漕がなくても、ジムの片隅に置いてあるスピニングに一人で乗っても問題ない。

立ち漕ぎを1分間のインターバルで10分も「真面目に」漕げば、同じように汗の池が出来ます。(^O^)/





禁断のクラス

・・・・・・・っということで、チョコマカエアロや、チョコマカステップに幻滅したぼくは、ついに禁断のクラスに参加してしまった。

そのクラスとは、ドMの連中が集まる集団。

運動神経全くカンケーなし。

チョコマカ動く必要一切なし。

あの、バーベルやダンベルを持ち上げることをひたすら繰り返すアレである。

レスミルズで言えばボディーパンプ系のグループエクササイズである。

・・・・・・・・・・

何が面白いのか?

只々音楽に合わせて、自分自身の身体を苛め抜くのが。

まさにドMそのものじゃないか。

・・・・・・・・・・

しかし、ナンだなぁ~~、自分ひとりでやっても絶対続けられないのに、集団でやると頑張っちゃうんだなぁ~~

アア、もう限界ってところでインストラクターから「ハイあと17回!!」なんてハッパをかけられたら、サボられないんだなぁ~~

不思議で仕方ないんだけど。

これって一種の集団催眠なのかなぁ?

(@_@;)





2017年5月4日木曜日

エアロの疲労感を科学的に分析すると・・・

・・・・・・・っということで、世間では大型連休後半戦との表現を使っています。

・・・が、定年真っ只中のこっちとら、ゴールデンウィークなんて、カンケーネェーカンケーネェー。

毎日が超ォ~~大型ゴールデンウィークだもんね。(^O^)/

こんな連休真っ只中に、フィットネスクラブなんて来るヤツなんていないだろぉ~~~なんて考えは大間違い。

いつもは難しくて参加できない中級クラスを担当しているインストラクターが本日だけ初級レベルという言葉に期待を込めて参加しちまったじゃねぇ~か。

スタジオは超満員。

案の定、初級クラスなんて嘘っぱち。

提供するのは上級レベル。

やっぱり。(T_T)

我慢して参加していたけど、最後の通しの時点で退室しましたよ。

あぁ~~~けったクソ悪い。

その時点でのぼくが感じていた疲労感を科学的に分析した結果を公開します。(^O^)/























そう、

退会したい気分なのです。(ーー;)



2017年5月3日水曜日

二本でフラフラ

・・・・・・・っということで、最近スタミナが衰えたと実感します。

エアロビクスとステップの二本に続けて出たのですが、最後は整理体操が出来ないほど疲れ果ててしまいました。

運動不足だなぁ~~~

イヤイヤ、これが加齢っていうもんだ、もう若くはねぇ~ぞ!

・・・・かな?

糖尿病の薬を飲み始めてだいぶ経つのですが、説明書に車の運転は控えるようにとの注意書きがありました。

要するに糖尿病は血液中の糖分を分解するインシュリンの機能が弱くなってしまうので、この薬は血糖値を抑える効果があります。

ところが血糖値を抑えすぎて、低血糖になることがあるそうです。

そのために、緊急用にブドウ糖の薬を渡されていたのです。

・・・・そっか、

この疲れやすさは、薬のせいなのだ。

歳のせいじゃない・・・・・っと、しておこう。(^^ゞ



2017年5月1日月曜日

エアロビクスと盆踊り

・・・・・・・っということで、今日の初級エアロビクス。


しかし、その実態は限りなく中級レベル。


(そんなんばっか書いていますが。(ーー;))


レッスンが始まる前、インストラクターが何気なく「エアロビクス初めての人ぉ~~」っと聞いたのです。


その口調には「居るわきゃないよなぁ~~」という気持ちがありあり出ていました。


このクラス、初級とはいっても、参加しているのはベテランがほとんど。


中には、師範級だって紛れ込んでいます。


その理由は、初級なのにきっちり2ブロック半構成だし、全体的に作品としてレベルの高い仕上がりだからです。


ところが今日は違っていたんですねぇ~~~


手を挙げるヤツが一人混じっていたのです。


それも、運動したことないような爺やさま。


白い運動靴に黒いビジネスソックスを履いています。


しかも、その足は見事ながに股で、腰が曲がっています。


そのまんま腰に手ぬぐいをぶら下げて、あぜ道に立たせれば、しっくり田園風景に溶け込むような爺やです。


・・・・・・・・・・


俄然面白くなりました。


どうするかなぁ~~~?インストラクター・・・・・ぼくの興味の対象はその一点に注がれます。


そして、インストラクターが下した対処法。


それは、「完全無視作戦」でした。(^O^)/


初級クラスは40分。


その間に2.5ブロックですから、シャカシャカ進まなきゃ中途半端で終わってしまいます。


いつものとおり、ウォーミングアップから飛ばします。


爺さん付いていけません。


ウォーミングアップに付いていけません。


当然だわな。


まるでラジオ体操第2みたいな動きをしています。


このくらいの年齢、ラジオ体操の動きが染み付いているんだな。


右に動けば爺さんは左。


前に進めば爺さん左。


右足ニーアップ、爺さんの左足が痙攣してヒクつきます。


だんだん周囲の人々が離れていきます。


丸くて広い空間の中心に爺さん一人。


インストラクターは目を合わそうとしません。


視線をそらせたまま、まるでそこに爺さんが存在しないような感じで、バンバン進めていきます。


・・・・・・・・・・


ぼくは予想していたんです。


流石に爺さん、中途退場するだろうと。


ところがドッコイ、戦時中を経験した人の神経は半端なく太い。


爺さん、最後まで流れに逆らってエンジョイしています。


爺さん、全くエアロビクスを理解していません。


爺さん、盆踊り程度の認識に違いありません。


周囲を(彼より)若いネェーちゃんに囲まれて、ご機嫌のご様子。



・・・・・・・・・・


インストラクター調子が狂ったか、結局いつもの洗練された振り付けは影を潜め、2ブロックで終わってしまいました。


爺さん、大満足のご様子で意気揚々とスタジオを後にしたのでありました。


そこで、インストラクターも含め参加した全員の頭によぎった不安、


「あの爺さん来週も出てくるつもりなんだろうか?」


でした。