2009年10月24日土曜日

週間こどもニュース

・・・・・っということで、NHKの「週間こどもニュース」はイイ。

(ついでに言っておくと、「所さんの目がテン」もいい。)

大人向けのニュースより、ズットいい。

いまなんか、ダムの話題を取り上げている。

スゴイ!!

かなり、シビアな話題だ。

だから、昔からなるべくこの番組を見ることにしている。

・・・・・・

まだ長女が小学生だった頃、この番組で五七五のニュース川柳を募集していた。

なんていうコーナーだったか忘れてしまったが。(こども川柳だったかな?)

その頃は、インターネットなどなくて、パソコン通信の時代だった。

その長女に、何か川柳を作れよとけしかけた。

そこで、ぼくは思いついた川柳をサンプルとして作った。

それにつられ、長女もなかなかイイ川柳を作った。

その二つを送信したら、なんと採用されてしまったのだ!!

・・・・・・・

ご想像の通り、長女が作ったほうじゃなくて、オヤジが作った方。

NHKから電話がかかってきましたよ。

池上彰さんからだったと思う。

「オメデトウございます。娘さんの作品が〇月〇日の番組で放送されます!」

・・・っと、弾んだ声だった。

電話を受け取ったのは、ぼくだ。

「・・・・・・・」

長い沈黙が続いた。

そのとき、頭に浮かんだのは、

子供にウソを教えちゃいけない・・・・・っだ。

そこで、正直に選ばれたのはオヤジが作ったもので、

子供が作ったのはもう一方のほうだと伝えた。

NHKも困ってしまった。

後で知ったのだが、もうそれ用にアニメーションも作ってしまっていたのだ。

池上さん(?)としばらく押し問答を繰り返した。

「子供にウソをつけとは言えません。」

次に彼が出した妥協案は秀逸だった。

「じゃあ、オトーサンと娘さんが共同で作ったっということにしません?」

これは、ある意味で事実だった。

・・・・・・

そして、その川柳は放送された。全国に。(録画した。)

娘の名前だったが、正真正銘のぼくの作品だった。

・・・・・・(/ω\)

さすが、NHK。

翌日、娘のクラスでは、「昨日のこどもニュースの川柳、〇〇ちゃんのじゃないの?」

・・・っとの質問が娘に浴びせられた。

・・・・・・・・・

娘は、それに対し、あくまで曖昧に答え続けた。

・・・・・・・・・

このことで、二つのことが証明された。

1)娘は思っている以上に「大人」であったこと。

2)オヤジの頭は、「こども並み」であったこと。


(●´ω`●)ゞ




・・

0 件のコメント: