2009年10月27日火曜日

痛クン(その1)

・・・・・・っということで、フィットネスクラブのプログラムがつまらない。

でも、月曜日は3つも重なっている。

あとは日曜日に1つあるだけだ。

だから、エアロビクスのネタが枯渇している。

そんな数少ない中で、痛クンはネタを提供してくれる貴重な存在だ。

ステップとラテンエアロビクス担当だ。

ラテンのクラスに出ることは、椎間板ヘルニア患者のぼくにとって無謀な行為だ。

それでも出たのは、先週の参加者がたったの4人だったからだ。

今月始まったクラスが、一月で終わりじゃ気の毒だ。

ぼくには、そんな義侠心がある。

・・・・・っで、昨夜は先週の倍の参加者数だった。

心なしか、痛クンも嬉しそう。

ラテンの基礎の基礎から丁寧に教えてくれる。

また腰の捻りを懇切丁寧に、参加者全員に彼の腰を触らせて、「ここまで回転するんです」とやる。

でも、なんでなの?

先週に引き続き、なんでぼくだけ飛ばすの?

ねー、ナンデ??

まあ、男性の参加者は、ぼく一人だけだったけどね。

(^^)

0 件のコメント: