2009年10月28日水曜日

護衛艦くらま

・・・・・・・っということで、「護衛艦くらま」の事故みたいのがあると、昔の血が騒ぐ。

関門海峡は、何度か航行したことがある。

関門海峡って、一般の人にはピンと来ないと思います。

こんな感じ。




川ですわ、川。

おまけに、漁船がわんさかウロチョロしている。


こんなところを毎日何百隻も通過する。

事故が起きない方がオカシイ。(実際、毎年起きている。)

緊張します。

ものすごく緊張します。

今回は、護衛艦だったから大きなニュースになったのだろう。

この海峡の途中、九州側に「門司港」がある。

むかし入港したことがあるが、丘が迫った小ぢんまりした港だったなぁ~くらいの記憶しかない。

そこから、小倉に遊びに行ったなぁ~。

門司からさらに、西に行けば、有名な「巌流島」が海峡の出口にある。

平らな、何の変哲もない島だった記憶がある。

・・・・・・

ぼくのいう「むかし」は、ホントーにむかしなんですよ。(^^ゞ

そんな昔の記憶でも、今回の事故の責任は「くらま」にはないと思った。

最大限の注意を払って航行していたはずだから。

それより、燃えたことのほうが問題だな。


//

0 件のコメント: