2009年10月30日金曜日

情報について(その2)

・・・・・・っということで、相手から情報を得るには、こちらからも情報を提供しなければなりません。

これは、案外知られていない、常識なのです。

エエッと思うでしょ? あたりまえだと。

スパイというものは、必然的に二重スパイにならざるを得ないのです。

相手から、情報を貰いっぱなしということは、めったにありません。

相手が情報を漏らすとき、こちらからの情報も期待しているのです。

たまには、貰いっぱなしということもあります。

でも、継続的に情報を得るには、こちらからもそれに見合った情報を与えなければなりません。

ドーでもいい情報を提供すれば、ドーでもいい情報しか得られません。

ホントーに欲しい情報を相手から引き出すためには、

こちらも、それに見合う価値のある情報を提供しなければならないのです。

もし、相手の情報に見合わない情報を、こちらから提供したとします。

そうすると、もう二度と相手からは価値のある情報は得られないのです。

もう二度と・・・。

・・・っと、ここまでクドく書いても、ナァ~んだ、簡単なことじゃないかと思われるでしょう?

ところがドッコイ、これが難しいんです。

だれだって二重スパイになんか、なりたくないですよねー。

会社を裏切ることになるんですから。

そうなると、いつまでも役立つ情報は得られない。

・・・・・

そんな、営業マンが山ほどいるのです。

このジレンマから逃れられない営業マンが。

そして、相手も同じジレンマに陥っている。

そうすると、どうなると思います?


・・・・つづく。

0 件のコメント: