2009年10月1日木曜日

ディズニーランドのヒミツ

・・・・・・・っということで、ディズニーシーに一度も行っていない。

・・・っということは、ディズニーランドにもう10年以上も行っていないナ。

・・・・っで、ディズニーランドのヒミツ。

どうも、ディズニーランドには秘密のトンネルがあるそうだ。

ガセネタと思っていたら、カミサンの知り合いの旦那さんが電気技師で、

夜間そのトンネルで仕事をしたことがあるそうだ。

だから、間違いなく存在する。

ぼくが感心したのは、そのヒミツが外部に洩れていないことだ。

ディズニーランドの機密保持能力の高さは、学ぶべきことがある。


・・・・・っで、ディズニーランドのヒミツその2。

マークトゥエイン号の航行する水路で、カヌーを漕ぐアトラクション(?)をしているじゃないですか。

次女は、そのカヌーを漕いだことがあるらしく、「疲れたぁー」っと言っていた。

でも、待てよ・・・・っということになった。

なぜなら、ディズニーランドが客にカヌーを本当に漕がせるはずがないと思ったからだ。

だって、本物のカヌーなら、転覆することだってあるはずだ。

客が溺れるかもしれない、そんなリスキーなことをディズニーランドがやらせるか?

ゼッタイに転覆しない仕掛けがあるはずだ。

想像するに、レールの上を走っているハズだ。

スタッフが上手く調整しているように見せかけ、ホントーは決められたコースを走っているに違いない。

この推理は、マチガイナイ!!



//

0 件のコメント: