2009年10月30日金曜日

情報について(その3)

・・・・・・っということで、皆さんにとってとんでもなくツマラナイ話題に突入していますよね。


でも、辛抱してくださいネ。

ぼくにとって、この話題は書かなければならない話題なのですから。

・・・・・・
さて、ぼくが見た限り、日本の営業マンは、ぼくが考えるほど、この問題を切実に感じていないように思えます。

結論を言えば、「ごっこ」なのです。

いままで述べたような、ジレンマがあるのなら、

最初から価値のない情報のやり取りに徹していればいいジャン、

・・・・っとなるのです。

そのうち、カスの情報しか持てなくなる。

そして、「ごっこ」に至る。

営業ごっこなんですね。

ぼくは足を洗ったけど、昼間のパチンコ屋を覗いて御覧なさい。

一杯290円のコーヒーショップを覗いて御覧なさい。

昼間のフィットネスクラブを覗いて御覧なさい。

時間つぶしの営業マンが、ゴロゴロしているじゃないですか。

彼らは、営業ごっこをしているのです。

・・・・・・

0 件のコメント: