2009年8月21日金曜日

Dark Side(その1)

・・・・・・っということで、知識は重要である。

行動に移すに当たり、知識が豊富な方が無知なのより良いに決まっている。

だが、知り過ぎるのも問題である。

ここでは、知らなくても良い知識、すなわち、裏社会の知識のことをチョッとばかり考えてみる。

残念ながらと言うべきか、当たり前と言うべきか、人間の社会には必ずといって良いほど裏がある。

スゥ~・・・ハァ~・・・スゥ~・・・ハァ~

要するにDark Sideですな。

身の回りには、その裏社会に繋がる入り口が、あらゆるところに口をあけている。

例えば、ヤクザの世界。

犯罪の世界。

風俗業の世界。

ギャンブルの世界。

カルト集団の世界。

・・・・・・

いま話題の、酒井法子の事件なども、麻薬の世界という入り口に迷い込んでしまった例だろう。

ぼくは、なるべくこういう世界には関わりがないようにしている。

存在そのものは知っているが、詳しく知らなくてよい世界である。

知識としては持っていても、経験としては持ちたくないのだ。

ぼくにとって特に危ないのは、ギャンブルの世界である。

賭け事と名のつくものには、一切手を出さないことにしている。

一時、パチンコにのめり込み、自分の性格が恐ろしくなってしまったからだ。

その他の裏社会についても、一生知らずに過ごしたいと願っている。

・・・・・・

オット、長くなってきたので、つづきます。

0 件のコメント: