2009年8月21日金曜日

Dark Side(その2)

・・・・・・っということで、こういった裏社会の存在を「必要悪」という言い方がある。

要するに、世の中は奇麗事ばかりじゃないっていう、覚めた見方。

ぼくはこの「必要」っていう言い方は好きではないが、不必要だというほどナイーブではない。

人間の世界は、ぼくらのような「まともな(?)」人間ばかりじゃない。

中学校くらいから、どうしても非行に走ってしまう子供っていたでしょう?

そして、大人になっても。

こういう人間は、いつの世にも必ず存在するんです。

そして、そういった人間をすくい上げるシステムって、必ず出来るんです。

島田紳助のような暴走族をすくい上げられるのは、ヤクザの世界か、芸能界なんです。

裏社会を浄化しようとする運動も、昔からある。

そういった運動に、情熱を燃やす人もたくさんいる。

ぼくは、それに反対だとか、ムダだということは言わない。

自分の子供たちだけが心配なのです。

正直に言いますが、他の子供たちはどうでもイイ。

自分の子供たちだけが、そういった裏社会の罠にかからなければ、それだけでイイんです。

最初に書いたように、知らなくても良い知識は最小限で、それ以上知らなくてもイイんです。

でも、そういった世界に繋がる入り口は、いたる所にある。

その入り口を察する敏感な嗅覚をぼくの子供たちは持って欲しい。

ただそれだけです。

・・・・・・

そこで、ぼくも含め「自分は絶対に引っかからない」っと思っているでしょう?

でも、ちょっと思い出してください。

あのカルト集団のオーム真理教が、ヨガの看板を掲げていたことを。

ヨガですよ。

そして、たくさんの一般会員が最後に合掌して「オーム」と唱えていたことを。

何の疑いもなく。

・・・・・・

っと、ここで終わるつもりだったのですが、もう一つの裏社会、

会社の裏社会について、書こうという気になりました。


つづく。

0 件のコメント: