2009年11月13日金曜日

上品

・・・・・・っということで、M嬢のエアロビクスから帰ってきた。

雨が降っているから参加者が少ないと思うのは、案外間違いだと最近気付いた。

M嬢のエアロビクスは、簡単すぎて、ちょっと不満なクラス。

ホントーは中級に近い難度にすべきなのに、初級に限りなく近い。

そして、毎回あまり変化がない。

・・・・・・

じゃあ、何で出るの?

コレしかないから。

・・・・・・

でも、最近考えが変わった。

M嬢は「品が良い」のである。

小耳に挟んだところによると、インストラクター暦20年だ。

エアロビクスに会員として参加していたら、趣味が高じてインストラクターになったそうだ。

20年というのは長いと思う。

でも、オバサン化せず、容姿も、語り口も、態度も、そのうえ振り付けも、【上品】なのである。

こういう雰囲気のインストラクターは貴重だ。

それに比べ、参加者のほうは、お世辞にも上品とはいえない連中ばかり集まるのは、何故なんだろう?

ナゼなんだろう?



//

0 件のコメント: