2009年11月1日日曜日

情報について(その5)

・・・・・・っということで、情報について語ると、つい熱くなってしまいます。

スミマセン。m(u_u)m

本当は、このテーマは3回くらいを目処にしていたんですが・・・。

こうなりゃ、もう少し横道に逸れてみましょうかね。

日本人の、情報に対する常識のなさを。

今日の新聞で、『「密約認めるべきだ」60%』とい記事である。
(毎日新聞)

従来の政府(自民党)は、核兵器搭載の米艦船の日本寄航を認めた「密約」を認めろという話だ。

あまりにもバカバカしいでしょ?

日本に寄港する米国艦船が、日本には核兵器を持ち込ませないという「非核三原則」があるから、

日本の手前の海上で、全ての核兵器をアメリカ軍が降ろしていると思います?

エッ?

降ろしているといってしまえば、仮想敵国にとっては、重要な情報だ。

でも、降ろしていますと言いますか?

あまりにもバカバカしい。

降ろすとも降ろさないとも言わないのが常識でしょう?

これなんです。

未だに、日本の情報に対する認識度は。

大人じゃないんです。

なにが、密約があったのか・・・ダ!!



・・

0 件のコメント: