2009年11月21日土曜日

訪問した国々(オーストラリア編)

・・・・・・・っということで、訪問した国々シリーズ。

今回は、オーストラリア。

オーストラリアで行った町は、ブリスベン、シドニー、メルボルン、アデレード。

なんと言っても、アデレードが一番よかった。

町の真ん中を川(テレンス川)が流れていて、こじんまりとした清潔な町でした。

そのときは、川岸のレストランで地元の二つの家族とディナーを一緒にしたんですが、ワインが美味かった。

なぜか、ロブスターを食べたいと言ったら、その店ではロブスターがメニューになく、

わざわざ、魚屋に行ってロブスターを買って来て、料理して出してくれました。

すんげぇー!オーストラリア人って、・・・と思いました。

そういった、型式にとらわれない、自由な生き方が出来る国なんだと。

その後、ゴンドラ(ヴェネチアにあるのと同じ)に乗って、甘い食後酒を飲んだのだけれど、

なんていう名の酒か分からなかったけど、美味かったナァ~。

こっちは、むかし船乗りだったので、船頭に代わって、オールを漕いだんですが、

チョッと悪酔いしすぎたなって後悔しています。

いまでもゴンドラあるのかと、インターネットで調べたんですが、ヒットしなかった。

もうやっていないんでしょうね。

相手のオーストラリア人の家族も、ヨットを持っていて、ぼくが南十字星はどれだと聞いたら、

すぐに答えてくれた。

もちろん、ニセ十字星も教えてくれた。

あの夜は、楽しかったナァ~。

その日の昼間にちょっとしたハプニングがあり、飛行場で、南半球に来たのだから

「Southern Cross」が見たいと言ったら、オマエはなかなかの通だなと言われ、

ある格納庫まで引っ張って行かれた。

そこにあったのは、クラシック飛行機の「Southern Cross号」であった。

まあ、そんなこんなで、オーストラリアは楽しい思い出しかない。

たとえば、夕暮れ時にシドニーハーバーのレストランでビールを飲みながら見た夕日。

メルボルンで食べた、オージービーフ。

・・・・・・

あきらかに白人の国なんですが、地政学的に西洋とも、アジアとも違う独特な国。

もちろん、資源も豊富。

日本は、もっともっとこの国との交流を深めるべきだと思いますね。

中国への牽制としても。

0 件のコメント: