2017年3月7日火曜日

フィットネスクラブThen and Now

・・・・・・・っということで、ぼくがフィットネスクラブに最初に入会した14年前は、今から思えばブームの走りだったのですね。

近所にどんどん新しいフィットネスクラブが誕生していました。

当然のごとく、客の奪い合い競争が起き、入会金とか、登録料とかが無料、はたまた数ヶ月は半額なんてキャンペーンを繰り出していました。

そして今、ぼくが入会したフィットネスクラブはキャンペーンなんかやっていません。

当然のごとく、定価料金を支払わせられました。

まあ、これが本来の姿なんだろうけれど、ちょっと期待していたことは事実です。(^^ゞ

そういう目で(どんな目だ?)見た初日の印象は、ずいぶん落ち着いてきたなぁ~~です。

込み合う時間帯だといわれていた午前の部でも、マシーンは余裕で空いているし、スタジオ開門前は確かに列を作って並ぶけど、実際は時間ぎりぎりで入室しても余裕で場所を確保できます。

会員の雰囲気も、当時のギラギラした感じもしないし、何処からやって来たか分からんガキの姿もトンと見当たりません。

フィットネスクラブの立地とか、時間帯も確かにありますが、こういうフィットネスが生活の中に定着してきたなぁ~~と感じたわけです。

当時あったフィットネスクラブが名前を何度か変えたり、消えてなくなったり・・・・

ようやく文化として落ち着いてきたなという印象です。(ちょっと大げさだな。)

ぼくが入会したクラブも老舗の部類に入り、低空飛行とはいえ安定してきたようです。

だが、それが良いことかは別問題です。

・・・・つづく。



0 件のコメント: