2017年3月7日火曜日

負け犬の遠吠え(ステップ編)

・・・・・・・っということで、ほぼ3年ぶりに参加したステップ中級クラス。

何というか、予想通りというか、完璧に撃沈されてしまいました。(T_T)

もちろん無謀だとは思っていたんですよ。

それにしても、これだけ完膚なきまでに叩きのめされるとは、予想の範囲をはるかに超えていました。

過去においては、この同じクラブで、同じレベルのステップクラスに参加して、曲がりなりにも付いていけたんですよ。

ああ、それなのにそれなのに、これほど無様な醜態をさらすとは・・・・

入室前に、インストラクターに3年ぶりで無謀だと知っていながら参加するので、無視してくださいと一応仁義は切っておいたのです。

結果的に見れば、そんな挨拶が何の意味もないことを思い知らされたのですがね。

・・・・・・・・・・

それでも、ぼくにも言い分があります。

まあ、負け犬の遠吠えのそしりは甘んじて受けなきゃならないでしょうが。

先ず、中級の定義。

スタジオ入り口に看板が立っていて、そこには:

「ステップクラスに慣れてきた人向け。基本的なフットパターンのバリエーションを楽しむクラス。」

「強度4、難易度3」(いずれも5段階評価)

・・・と、書かれています。

この下は初級ですから、まさしく中級。

この書き方なら初級の上、中級の下くらいでしょう。

4段階あるステップクラスの下から2番目。当然上から3番目です。

しかし、インストラクターの雰囲気を見た感じ(難しい表現ですが)と集まってくる参加者の雰囲気を見る限り、こりゃぁ~~易しくはないなと確信しました。

案の定、それは的中し、ウォームアップのときから早くも1ブロック目のほぼ完成系まで持っていかれました。

そうそうこれがベーシックステップ、マンボだったなぁ~~~なんて、昔の思い出に浸る間もなく、いきなりLマンボ回転して更に台上でもう一回転ですもんねぇ~~~~

出来ますよそりゃぁ~

でも、ウォームアップからですぜ。

ストレッチもそこそこに、最初の水分補給が終わったら、すぐに台上で足払いなどを加えて1ブロック完成。

お次は2ブロック目。

いきなり反転して台上に上がり、ペンジュラム、前足チョンチョンのあと回転して降りて、マンボチャチャ、シャッセで戻ってあとなんだ
っけ?

台をまたいで、リズムチェンジがあったようななかったような。

そんなこんなで2ブロック終了。

早すぎるよぉ~~~~~(>_<)

台チョン、床チョンのタイミングが把握できずじまいで、次の3ブロック目突入。

アチャァ~~~3ブロックもあるんかよ。

インストラクターは疲れ果てて台上で勝手に水分補給するぼくなんか眼中になく、どんどん先に行く。

しかも、

しかもですよ、

こういっちゃナンだけど、教え方杜撰(ずさん)。

次はこう変えますなんていわずに変えていく。

台の向こう側に降りたあと、背面回転するのが見えたので、ぼくがそれを追いかけると、もう次からは回転加えない。

ああ、回転しないんだと思ったら、いつの間にか加えている。

声も聞きづらい。

小さな声でボソボソ。

何しろ先を急いでいる感じ。

・・・・・・・・・・

じゃあ、他の参加者はどうなのよ?・・・でしょ?

ありゃ、長くなってしまった。

・・・負け犬の遠吠えつづく。



0 件のコメント: