2017年3月15日水曜日

初心者クラスの実態は?

・・・・・・・っということで、下から2番目のクラスで撃沈されまくっていたぼくの行き着く先は?

そう、ベーシッククラス。

初心者のクラスです。

・・・・っということは、経験ゼロでも参加できます。

広いほうのスタジオに約30台のステップが置かれています。

それだけ需要があるのですね。

参加者の顔ぶれを見ると・・・

ドンと平均年齢が上がって、中には明らかに「後期高齢者」と思しき爺さん婆さんもチラホラ。

何たるこの格差は!!

まるで老人ホームのお遊戯会のような雰囲気です。

この中でのぼくはまだ「若造」。

インストラクターもまるで介護ヘルパーのような口調になります。

「はぁ~~い、分からなくてもいいんですよぉ~~」

「続けてやっていれば出来るようになりますからねぇ~~」

「そうそう、それでいいんです。出来たじゃないですかぁ~~~」

・・・ってな具合。

しかし、よく観察していると、ほぼ全員が常連。

足取りはしっかりしていて、めったに間違いません。

このクラスでは1ブロックさえも作りません。

・・・・・・・・・・

そうなんです、

このベーシッククラスを卒業して次のクラスに上がろうという野望を持つ人なんかこの中にはいないのです。

最初から初心者クラスで、それ以来何年もずっとこのクラスの中で暮らしているのです。

中には、若いときはもっと上のクラスでバリバリやっていたけれど、寄る年波には勝てず、このクラスに降りてきた人も含まれているはずです。

そう、ぼくのように・・・・。

・・・・・・・・・・

レッスンが終わって、インストラクターに言いましたよ。

「このひとつ上のクラスご存知ですか?3ブロック構成で、リズムチェンジをバリバリ入れるんですよ。」・・・って。

インストラクターはここの(レベルの不整合の)実態を知っているらしく、

「そうなんですよねぇ~~」と苦笑いするばかり。

まあ、ぼくも無駄だと判って言ったのですがね。

・・・・・・・・・・

ようやく自転車の乗り方を覚えたばかりの人間に、次はスポーツカーに乗ってサーキットを走れといっているようなものです。

せめて2ブロック構成のクラスを新設してくれませんかねぇ。


アンケートにもそう書いたんですがね。(ーー;)




0 件のコメント: