2012年11月2日金曜日

ステップエクササイズについて説明を試みる

・・・・・っということで、フィットネスの科目のことを全然知らない人に、

ステップエクササイズを説明するのは難しい。

さらに、それがとても面白いものだということまで理解してもらうのは至難の技だ。

ステップの楽しさを言葉だけで上手く伝えられる人がいたらお目にかかりたいくらいだ。

もし、そういう人がいたなら、即、NHKか主要新聞社の解説員に転職しよう。

第二の池上彰になれますよ。(^O^)/

・・・・・・・

とりあえず、

「ステップとは、台を上がり降りする運動である」

と説明します。

????

すると、普通の人は学生時代の体育の時間に受けた【踏み台昇降運動】を連想するだろう。

あの心肺機能を測るための運動テストである。(いまは廃止されれいるそうだ。)

脈拍数を測って回復力を判定するアレである。

アレを楽しい想い出として持っている人は、まず居ませんよね。

もし、居たら変人ですよね。

そう、ステップなんて、面白いはずがない。

・・・・・・・

そこで、さらに細かい部分に踏み込んで説明しようとする。

「左右の足を順番に踏むのは踏み台運動と変わらないのだけれど、

まあ、それをベーシックステップというんだけど、その他に、

ニーアップとか、レッグカールとか、シャッセとか、ストラドルとか・・・・・

色んなステップのパターンがあってね、

それを音楽に合わせて色んなバリエーションを楽しむのよ」

・・・・・・・っと、説明するワナ。

でも、聞くほうはさらに???????

となっちゃうワケ。

・・・・・・・

そこで、

「確かに分かりにくいかも知れないけど、

運動量はあって、ダイエットに有効なんです。

まあ、一度参加してみなさいよ。」

なんて、楽しさを伝えられないものだから、ダイエットに逃げてしまうんです。

・・・・・・・

ねっ?

難しいでしょ?

そこで、スタジオの外からステップクラスを見学するのです。

するとインストラクターの命令一下、一糸乱れず全員が服従しているのです。

そう、服従しているように見えるのです。

この、民主主義の時代に、全体主義の亡霊を目撃することになるのです。

・・・・・・・

しかも、参加している人は皆楽しそうな顔をしていない。

眉間に皺を寄せて、深刻な表情をしている。

・・・・・・・

コレのどこが面白いんじゃぁ~~~~?

・・・っとなるのです。

いや、ぼくが最初にステップを見たとき、そう思ったのです。


・・・・・・・

でしょ?

ステップを説明するって難しいでしょ?

そこで、白旗を揚げて、言葉じゃなくて視覚で納得してもらうしか手がなくなるのです。

百聞は一見にしかずなんて、YouTubeでこんな時代遅れの動画に出くわそうものなら、

絶対に面白さは伝わらないのです。



マア、レオタードの美女狙いなら興味を引くでしょうがね。

そこで、さらにこんな映像を見ちゃうんですね。



すると、ますます面白さなんか伝わらない・・・ってな結果になるのです。







0 件のコメント: