2012年11月27日火曜日

「ヒマなマシーンジムを楽しくしよう!」プロジェクト

・・・・・・っということで、マシーンジムってヒマでしょ?

まあ、ヒマだってことが分かっているので、TV付きのランニングマシーンとか、サイクリングマシーンがありますよね。

あるいは、自己防衛(?)のためにi-pod持参の会員も沢山いますよね。

・・・そう、マシーンジムはヒマなのです。

ぼくはそのヒマさ加減が苦手なのです。

このヒマという苦痛さえなければ、もっともっとマシーンジムを利用するはずなんですね。

皆さんも、コレには異論がないでしょ?

このヒマを克服しさえすれば、もっともっとフィットネスクラブ業界は展望が開けるんですがね。

だって、スタジオプログラムって、インストラクターとかが介在して色々とヤヤコシイ要素がありますよね。

マシーンに任せっぱなしで会員が安定的に確保できるならば、それは経営が安定することなんですから。

・・・・・・・

そこで、フィットネスクラブ経営者の皆さんに提言したい。

名付けて:「ヒマなマシーンジムを楽しくしよう!」プロジェクト。

TVを見せるとか、トラックを何周させるとか、観光地を巡るとかアイデアが貧弱すぎませんか?

このアイデア豊富な日本人からコレだけしかアイデアが出ないって、ホント不思議でなりません。

・・・・・・・

例えば、ギャンブルの要素を取り入れるのです。

パチンコとか、競馬のようなギャンブルとランニングマシーンをコラボレーションすれば、いくらでもアイデアが出てくるでしょ?

最近はゲームセンターにジジババが一日中ゲームにハマっているそうじゃないですか。

そのジジババをフィットネスクラブに集客して、ついでに風呂に入ってもらい、マッサージチェアでもてなす。

・・・・・・・

えっ?

そんなジジババばかり呼び込むアイデアはイヤだって?

んんん~~、ぼくもイヤだな。(;^ω^A


まあ、一つのアイデアであって、マシーンジムを楽しくさせる工夫は、もう少し真剣に考えてもいいんじゃないかな?

要するに、運動すれするほど「何かの見返り」があるというアイデアです。







0 件のコメント: