2012年11月16日金曜日

今日は不調でした<(_ _)>

・・・・・・っということで、初めてのインストラクターの初中級ステップに出た。

真面目な若い男の子。

すっごく丁寧に、展開する。

若いだけあって、手を抜かない。

疲れを知らない。

でも、コレオグラフィーはねぇ~~

んっ?

セクシーじゃないんだなぁ~~

えっ?

コレオグラフィーにセクシーさを求めるかって?

いけないかなぁ~~~?

パーツを繋ぎ合わせりゃイイってもんじゃないんです。

小さいとはいえ、ブロックとして、ひとつの作品でなきゃいけないんです。

動いているうちに、体に染み込んでこなきゃならんのです。

音楽とシンクロして、繰り返すごとに、体も気持ちも恍惚の境地に達しなきゃならんのです。

・・・・・・・

なんだぁ~?

これって、簡単すぎるとナメてかかって、何回もど忘れしてしまった言い訳かい?


( ̄_ ̄ i)



0 件のコメント: