2012年11月14日水曜日

教訓

・・・・・・・っということで、朝一番の中級エアロビクスに出た。








先頭の端っこにボトルを置いて場所を確保した。







戻ってみると、女性が恨めしそうにそのアタリをうろついていた。







ぼくがその位置に立つと、彼女は諦めて中央最前列にポジション取りをした。







ウェアも、動きもベテランで、このクラスの常連だということが分かった。







ウォームアップが終わると、最後尾に移って行ってしまった。







なんか、気が引けるなぁ~~~







明らかにぼくの位置は、彼女の指定席だったのだ。







・・・・・・







今日でコレオグラフィーの最終仕上げだったらしく、インストラクターも丁寧に教えない。







「あとは皆さんだけでやってください。」なんて、端っこに引っ込んでしまう。







このインストラクターのエアロビクスはだいぶ前に1回だけしか出ていないので、ぼくにとっては初めてのコレオグラフィーだった。







それでも、まあまあ出来た方だが、やはり慣れない動きが何箇所あって引っかかってしまう。







すると、後の会員が崩壊してしまうのだ。







・・・・・・今回が最終回のはずなのに。







アチャ~~~







本来ぼくの位置に居るべき彼女が後に行ってしまったので、手本が居なくなってしまったのだ。







・・・・・・







ゴメンネぇー







初めてのクラスは、最前列は遠慮すべきだという教訓を得ました。







(>o<")























0 件のコメント: