2012年2月27日月曜日

キャンディーガールのエアロビクス(その2)

・・・・・・・っということで、急遽行き先を変えた。

キャンディーガールのエアロビクス。

ちょっと遠いが、やはり美人の引力は強い。

素足王の中では小ぶりな施設で、オフィス街が近いせいか常に空いていて「変なヤツ率」が低く、ぼくのお気に入りだ。

休日なのでガラガラだと期待したのだが・・・・・

10人ほど入れば丁度いいくらいの狭いほうのスタジオに、21人がギューギュー詰め状態だった。

それも彼女の引力に吸い寄せられた男ばかり。

初級クラスだったから、なおタチが悪い。

エアロビクスではなく彼女に興味のある、アイドルおたく系が彼女を取り巻いた。

よくもまあ、これほど気味の悪い男共が集合したなと感心するくらい。

彼女はあだ名のとおり甘くて可愛いルックスのギャルだが、話し方はキツイ。

どちらかというとつっけんどんだ。

本質はとてもシャイで優しい子なのだが、そういう喋り方は自己防衛本能が働いて自然に身に着いたものと思われる。

ちょっとでも甘いところを見せれば、この不気味な連中はどう誤解するか分からないからだ。

前にも書いたと思うが、美人は美人なりの悩みがあるものなのだ。

0 件のコメント: