2012年2月1日水曜日

タメグチについての考察

・・・・・・・っということで、ツルちゃんと、あだ名はまだない嬢のステップに出た。
あだ名の通り、ツルちゃんのトークは滑る。
一生懸命に盛り立てようとすればするほど、滑る。
どうしてなんだろう?
その原因の一つは、「タメグチ」で話すことじゃなかろうか。
タメグチは相手との関係が、ホントーに友達か、
タメグチをきくことによって、ホントーの友達に発展する可能性が高い場合にのみ使うべきだと思う。
どうだろう?
そこまで関係が発展していない場合、むしろ反対の効果になることが多い。
反対の効果とは、
「なんだ馴れ馴れしい話し方をして無礼な」とか、
「アンタとはまだそこまでの関係じゃねぇーよ」じゃないだろうか。
んじゃぁ、インストラクターは礼儀正しいが、どこか事務的な言葉で話すべきだろうか。
これもまた違う。
その中間、あるいは、その間を行ったり来たりするものなのだ。
その辺のサジ加減を、スタジオの空気を見ながら調整するものなのだ。
参加者の中には、ぼくみたいな高齢の頑固ジジイもいる。
若い子からのタメグチにはチト抵抗がある。
かといって、威張っているわけじゃないのだが、多少は礼儀を守って欲しい。
ツルちゃんの気持ちはよく分かる。
タブン、インストラクターはこうあるべきだとの意識が強すぎるのではないだろうか?
・・・・・・
その反対に、あだ名はまだない嬢は絶対にタメグチをきかない。
彼女のトークは実に礼儀正しい。
しかし、何か物足りない。
もうちょっと、くだけた話し方をしてもイイんじゃないだろうか?
・・・・・・とまあ、ことほど左様に、ジジイはうるさいのである。
( ̄_ ̄ i)

0 件のコメント: