2014年8月2日土曜日

秘めたるパフォーマンス

・・・・・・っということで、絶対にイヤラシイ視線じゃないんですよ。

今日のインストラクターを見ていて、ホンマいい体をしているなぁ~~~~って思った。

ちょっと「痩せすぎ」だけれど、言い方を変えれば「無駄な贅肉が付いていない」とも言える。

今日のインストラクターは、ぼくが全く運動していない期間も、ずっとインストラクターであり続け、ずっとインストラクターとして毎日スタジオの前で運動をしていたのだ。

アタリマエか・・・

でも、そのアタリマエがスゴイって言えません?

もちろん、何本もクラスを持っているので、その日どころか、その週、その月のエネルギー配分を考えているはずである。

そうじゃなくちゃ体が持ちませんから。

なんたって、体が資本ですから。

体調が維持できなくなったら、即、収入がなくなる世界で生きているんですから。

・・・・・・

だから、ぼくらが見ている彼女たち(この際、彼たちは省略。(^^ゞ)は100%の彼女たちではないのである。

ましてや初級クラスで目撃する彼女たちは、本物の彼女たちではないのだ。

中級でも、最上級クラスでもそうだ。

アタリマエか。

アタリマエだ。

彼女たちが本気を出したら、とんでもないパフォーマンスを発揮するのだ。

だから、インストラクターなのだ。

・・・・・・

それを知っていながら、ぼくらは気付いていない。

今日、ちょっとだけ彼女がその秘めたるパフォーマンスの一端を展示した。

スッゲェ~~~~

キレイィ~~~~

美しいぃ~~~~

・・・・・・

でした。

(^^ゞ




0 件のコメント: