2012年9月28日金曜日

ガサツなインストラクター

・・・・・・・っということで、ガサツなインストラクター。




ガサツだからといっても、作るコレオグラフィーはガサツではない。



とてもオリジナリティーにあふれた作品だ。



初中級ステップの中でも、かなり難しいレベルだ。



参加者も上級クラスから下りてきているメンバーが殆どだと見た。



そのためか、展示がとても素っ気無い。



ぼくの苦手な展示手法だが、救いはBPMが遅いこと。



これを早くやられたら、棒立ち必至だっただろう。



・・・・・・



「初中級だとこんな感じかなァ~」とインストラクターの呟きがマイクを通して聞こえる。



そんなことないっすよ、中級に限りなく近いっすよ。



せっかくいいコレオグラフィーを作ったのだから、自信を持って展示して欲しい。



・・・・・・



あと、ウェアはもうチョットきちっと着こなして欲しいナァ~



なんとなく、全体的にダラァ~っとした感じがして残念だった。



・・・・・・



以上、ジジイの小言でした。(^^ゞ







0 件のコメント: