2012年9月8日土曜日

初中級(7)

・・・・・・・っということで、このシリーズも最終回。

どうまとめようかと迷ったが、正直な気持ちを書くことにした。

最初の予定では、インストラクターのエンターテイナーとしての資質について書くつもりだったが、これまで折に触れて書いてきたし、これからもどこかで書くはずなの

で、今回は止しておく。

・・・・・・

ぼくにも問題があるし、彼女にもある。

お互い様だ。

そう、

全くお互い様だ。

だから、子豚ちゃんのことを一方的に非難するつもりはないし、してきたとも思っていない。

・・・・・・

ぼくの言い分:

こちっとら、お客さんだぞ。

会費払って出てるんだ。

それをなんだぁ?

人が出来ないことをあげつらって、

公衆(?)の面前で罵倒するとは、いってぇどういう了見なんだっ!

他の参加者に比べて出来ないからって、その言い草はないだろう?

なにかい?

オメェーはそんなに上等なプログラムを提供しているんかい?

たかがステップが得意くらいで、大きなツラをするんじゃネぇーぞっ!!

そっちにも、なんじゃかんじゃと言い分があろうが、結果として客を不快な気分にさせたんだぜ。

えっ~? ブロたるものがお客をイジって、そういう気分にさせたのはプロとしての資質がねぇってことじゃねぇか?

・・・・・・

子豚ちゃんの言い分:

なんだとぉ~~~ぉ?

お客お客って、お客面(づら)しやがって。

会費を払ったくらいで、エラソォーにするんじゃネぇーぞ。

オラっちのステップを見損なうんじゃネぇーぞ。

オイラの提供するステップはなァ、そんじょそこらのステップとは質が違うんだ。

これだけの上等なステップを作るのに、どれだけ陰で努力しているのか、オメェーには分からんだろうな。

それをなんだぁ~~ぁ?

ちょっと出来ると思いやがって、チンタラするんじゃねぇ~ぞっ!

失礼だろう。

オイッ!!

・・・・・・

あれ?

変な方向に話が進んでいるぞ。



あくまで「お笑い」ですので、ご理解を。










0 件のコメント: