2012年1月22日日曜日

中級クラス

・・・・・・っということで、エアロビクスの中級クラスって、最近難しくないかい?

中級は2ブロックが普通なんだけど、

それぞれ1ブロックの内容が上級の1ブロックと全く変わらない難度(orそれ以上)があるように思えて仕方ないんですけど。

いやね、昨日の優等生の中級エアロビクスも、もうこれ以上加えられないていうくらい回転やキックボールチェンジやリズムチェンジをテンコ盛りにするのね。

要するに、上級と中級の違いは2ブロックか3ブロックかだけの違いなんじゃないかな?

えっ?

オカシくない?

それでいい?

ぼくはチト違う気がするんです。

それじゃあ、中級と上級の差というものは、「記憶力」or「体力」の差ということになってしまうじゃないですか。

ぼくは初級から中級、上級になるにしたがって、参加者が「上手く」なるのじゃないかと思うんですけど。

違うかな?

即ち、1ブロックを取り出して比較してみたら、上級のほうが中級より「難しい」のが本来の姿じゃないかということです。

・・・・・・・・

いま中級クラスでどういう現象が起きているかというと、中級クラスに上級者が全員集まって来ているのです。

本来の中級クラスというものは、上級に行くまで技量を上げていく段階でしょ?

・・・・えっ?

自分が出来ないからって、それは負け犬の遠吠えでしょ?

・・・だって?

へへ、そうかもしれませんね。(;^ω^A

0 件のコメント: