2011年10月2日日曜日

魔が差した

・・・・・・・っということで、フィットネスのあとはジャワーのみだ。

浴槽には滅多に浸からない。

理由は簡単、「汚い」からだ。

いちいち書かないが、人が見ていようがいまいが奴らは、

あらゆる手を使って湯を汚す。

可能な限り自分の汚物で湯を汚すこと、それが奴らの生き甲斐のようだ。

体を綺麗にしてから入るなんて、奴らには思いもよらないことなのだ。

最近の湯船には泡が立つ仕組みになっているものが多いが、

あれは湯の汚さをカモフラージュするためだとぼくは信じて疑わない。

・・・・・・

今日は珍しく、最近寒くなったので、たまには温まろうと入った。

そしてすぐ後悔した。

斜め向かいに入っていたオッサン。

顔をジャブジャブ洗って、浴槽の淵に後頭部を乗せて大の字になった。

次にヤツはどうしたと思います?

両手のひらで鼻を挟んで、チィ~~ンとやったのですぜ。

それをどうしたと思います?

その手を湯船で洗ったのですぜ。

上を向いたまま・・・・・

ぼくは、温まる間もなく速攻で出ましたよ。

シャワーで体の隅々まで念入りに洗ったのは勿論のことです。



//

0 件のコメント: