2011年10月26日水曜日

What GGY said(その32)

・・・・・・・っということで、ジジイはかく語りきの第32回。

【自然は人の心を育てる】

逆に言えば、自然に触れ合わないと心が育たないということ。

自然の中にいると、癒されるとよく言われる。

でも、そういう消極的な意味じゃなくて、自然はもっと積極的に人間の心を育てないだろうか。

心は子供のときに基礎が作られる。

自然の中で子供は遊ぶ必要がある。

一日中、野山を駆け回り、

あぜ道に何時間もしゃがみ込んで虫の動きを見続けたり、

土手に寝っ転がって雲の動きをぼーっと眺めたり、

浜辺で砂の感触を裸足の裏で感じたり、

雑木林の中でどんぐりを集めたり、

・・・・・・

そういうことによって心が育つのです。

そういう経験のない子供は可哀想。

ホントーに可哀想。

0 件のコメント: