2011年7月26日火曜日

また一つ消えた

・・・・・・っということで、8月のプログラムが発表になった。


ナゼぼくの出るプログラムだけいじるのかなァ~?


K嬢のエアロビクスが中級から上級にレベルアップした。


T嬢のエアロビクスが上級から初中級にレベルダウンした。


ぼくのエアロビクスの腕前(?)はせいぜい中級。


それでも、I嬢、S君、T嬢の上級クラスには出ていた。


正直言って、ぼくには上級はキツイ。


それでも毎回出ていれば、インストラクターに馴れることもあって、上手くなると思われるでしょう?


でもね、それは若い人にしか当てはまらないんですよ。


上級って、1時間で3ブロックやるでしょ?


先ず、体力が持たない。


次に、記憶力が持たない。


そして、速さについていけない。


お年寄りでも体力のある人は沢山います。


でも、ピークはとっくに過ぎているんです。


哀しいのが、記憶力ですね。


昨日は、初中級と中級に出たんですけれど、


中級の2ブロックが終わって


「さて、1ブロック目から続けますよ」


といわれて、思い出したのが、その直前にやった初中級の1ブロック目だったのです。


もう、頭がパニックでしたよ。


哀しいなんてもんじゃないですね。


案外若い人に分かってもらえないのが、スピードなんです。


体力があって、記憶もあったとしてもスピードについていくことは不可能になるんです。


通しの段階になると、BPM(Beats Per Minute)を上げるでしょう?


インストラクターによってキチガイじみたスピードでやる人いますよね。


あれは出来れば気持ちいいんですよね。


恍惚の境地に達することが出来る。


でもね、あれをやられると爺さんは振り切られちゃうんですよね。


無理して付いていこうとすると、怪我をする。


I嬢の上級エアロビクスに出るのを諦めたのはそういう理由なんです。


頭で分かっていても、体がいうことを聞かない。


・・・・・・っで、長々とかきましたけれど、


K嬢はただでさえ早い。


それが上級になったらどうなるか。


もう結果は明らかなんです。


ぼくが参加できる数少ないエアロビクスのクラスがまた一つ消えるということなんです。

0 件のコメント: