2011年7月26日火曜日

上級エアロビクスって難しい

・・・・・・・っということで、上級エアロビクスって難しい。

アタリマエかぁ(^_^;)

それでも、楽しいクラスもあるんですよ、ヘタはヘタなりに楽しめるクラスって。

S君のクラスはそういうクラスですね。

かなり個性的なコレオグラフィーで、誰にも似ていない。

ほとんど毎週変えてくる。

よくもまあ毎回毎回考え付くものだと感心させられる。

下手っぴなぼくが言うのもナンだが、それほど難しくない。

でも、相当上手なエアロビクス上級者も飽きずに参加する。

要するに、下手でも上手くても楽しめるクラスなのだ。

タブン彼は、もっと難しいコレオグラフィーも楽々作ることが出来るだろう。

でも、このクラブに合わせている。

そこが彼の優れたところだ。

優しいところだ。

・・・・・・

もう一つぼくが参加している上級エアロビクスのクラスがある。

T嬢のクラスだ。

だが、先週の参加者はついに3人にまで減ってしまった。

それも、変な男ばかり。(including me)

彼女のクラスが始まったときは、超満員で隣の人とぶつかるくらい盛況だった。

その参加者をよく観察してみると、所謂エアロヤクザたちだった。

明らかに彼女の提供するプログラムを品定めしていた。

そして、翌週、翌々週になると、その連中はすっかり姿を消してしまった。

理由は簡単、彼らにとって魅力がなかったのだ。

もちろんその魅力とは、難度であった。

上級なのに、こんなレベル?!ってな内容だった。

上級エアロビクスは60分で3ブロック構成だ。

彼女のは初中級レベルを3つ組み合わせただけだったのだ。

これじゃエアロヤクザどもを満足させられるはずがない。

・・・・・・

だがぼくにとっては、とてもいいクラスだった。

上級なのに、出来ちゃうのだ。

オマケに、彼女はカワイイ。

こんなに楽しいエアロはない。

毎週欠かさず出ていましたよ。

・・・お気付きの通り、過去形で書きました。

そうなんです、来月から彼女のクラスは「初中級エアロビクス」にレベルダウンするのです。

タブン、そうしたからといって参加者が増えるとは思えません。

あぁ~あ、またぼくのお気に入りのクラスが消えていくのだ。

・・・・・・

以上、対照的な上級エアロビクスのクラスでした。

上級エアロビクスってホントーに難しい。



//

0 件のコメント: