2012年8月1日水曜日

安月給のインストラクター業

・・・・・・・っということで、このブログはフィットネスクラブの話題を中心に書いています。

でも、フィットネスクラブのことだけを書きたいワケじゃないんです。

そうじゃなくて、フィットネスクラブに集まる人々を通して、人間社会の縮図を炙り出せないか?

そこを狙ったブログなのです。

残念ながら、その意図は十分達っせられているとは言い難い。

それはひとえに、ぼくの人間観察力のなさ、あるいは表現力の乏しさに起因しているのですが・・・

・・・・・・

ここまでが前フリ。

それにしてもなんですなぁ~~~

沢山の、

ホントーに沢山のインストラクターにお世話(?)になってきたワケなんですけど、

みんな偉いねぇ~~~

ホント偉い。

いまオリンピックの真っ最中なんだけれど、

インストラクターの皆さんはメダル級に値する力をされている・・・

(・・・・人も多い。(^^ゞ  )

同じ体を使ってする商売(???)で、

片や金メダル

・・・・・・

片や安月給。

・・・・・・

ホント頭が下がります。

ぼくらみたいなボンクラを相手に気を揉む毎日。

大変申し訳なく思っています。

インストラクターという商売が、正当に評価され、正当な報酬を得る日が来ることを、

切に望まざるを得ません。

・・・・・・

以上、ぼくが昔から勝手にオッカケている、某インストラクターのブログを読んだ感想です。




0 件のコメント: