2012年8月8日水曜日

年寄りのオリンピック観戦

・・・・・・ってなワケで、またオリンピックネタだけど、

なんだねぇ~~

若さと老いの差を見せ付けられるねぇ~~

この歳になると、なんでも素直に見られなくなっちゃうのかね?

単純に、スポーツ観戦していればいいのにね。

北島も、室伏も、イチローも松井も・・・・・・

あれ?

オリンピックと関係ない選手が含まれているぞ。

ピークを過ぎた選手って言われるけれど、

ぼくから見れば、なぁーに言っちょる、

みんなまだまだ若造だぜ・・・・・・

彼らは一様に努力している。

ピークを過ぎたことは自覚しているけれど、

少なくともピークを持続させようと努力している。

技術によって衰えをカバーしようとしている。

・・・・・・

オリンピックを見ていると、なんでこんな記録で出場したんだろうという選手がいる。

自己最高記録を見たって、とてもメダルを争えるとは思えない、

メダルどころか予選を通過するかさえ怪しい選手。

・・・・・・

ところが、彼らは若いんですね。

オリンピックという夢舞台で、とてつもない力を発揮する可能性を秘めている。

それが若さなんです。

その可能性は歳を取るに連れて、相対的に少なくなってくるんです。

でも、若いということは、逆に経験不足から雰囲気に呑まれて普段の力を発揮できないリスクもある。

・・・・・・

若さということは、そういうことなんです。

歳を取るということは、そういうことなんです。

まったく会社と同じなんです。




0 件のコメント: