2012年8月23日木曜日

サボりん嬢

・・・・・・・っということで、スラっとした長身で、いかにもヨガが得意そうな女性インストラクター。




初中級ステップでも、限りなく初級に近い。



コレオグラフィーの出来も、あまり熱心に作ったという形跡が伺えない。



会員との距離を常に保とうとしている。


別な言い方をすれば、会員との接触を避けている。


だから、まだ会話に成功したことは一度もない。


・・・・・・


彼女の最大の特徴は「サボる」こと。


2~3回動作を展示した後、デッキの調整に行ってしまう。



よくも何回も何回も、デッキの調整をするものだと驚くくらい、ステップ台から席を外す。


それは、ウォームアップのときも変わらない。



よくやる台を歩いて回る動作があるでしょ?


「台の大きさを確かめてください」なんていうアレです。


普通は左右2回も回ればオシマイでしょ。



でも彼女の場合、デッキのところに行ってしまうので、会員は永遠に回らされることになる。


真面目な人が多いんですね。


ボクなんか、すぐサボる。


回らずに、またいで戻ってきたりしちゃう。


・・・・・・


まあ、運動するのが目的だから、それでいいのかもしれない。

もっといけないのが、コレオグラフィーを忘れてしまうことが多いんです。


それほど難しくないから、ぼくも一度見ただけで覚えてしまう。


だが、次の時には最初の動作と変わっている。


彼女、やりながら思い出しているのだ。


誤魔化しているのが手に取るようにわかる。


練習してきてない証拠だろ。


・・・・・・


だから彼女のあだ名は「サボりん嬢」。























0 件のコメント: