2011年8月4日木曜日

下手はヤッパリ下手

・・・・・・・っということで、上級エアロビクスから中級エアロビクスにレベルダウンしたT嬢のクラス、


参加者はたったの4人だった。


全員野郎。


それも、揃いに揃って下手っぴばかり。


もちろんぼくのその構成員の一人だ。


そこで、新しい原則を発見。


【下手は、より下手なヤツに引っ張られる】


この関連原理もまた成り立つ。


【上手は、より上手なヤツに引っ張られる】


【上手は、より下手なヤツには引っ張られない】


【下手は、より上手なヤツには引っ張られない】


・・・・・・


ご想像の通り、そのクラスはメタメタであった。


最初のブロックでドツボにハマり、インストラクターが用意してきた2ブロックは、


時間切れで1.5ブロックしか出来なかった。


先週より簡単になったんだ、と高をくくっていたのも悪かった。


右Vステップ、右引いて、左足引いてリズムチェンジ、左足前フリーズ、頭と両手を前にガクっと出してポーズ、


右マンボ2回・・・・・・


簡単だ。


こうやって書いても簡単だ。


そんな簡単すぎる振り付けなのに、リズムチェンジする足をいつまでも把握できない。


他の3人を見ても、全くデタラメで当てにならない。


だから、自分で掴むしかない。


インストラクターを穴が開くほどガン見しても、リズムチェンジの足がバラバラになってしまう。


こんなはずでは・・・・・・


45分のクラスで、30分経っても1ブロックがマスターできない。


焦る・・・・・・


インストラクターも焦る。


そこで悟ったのが、


【下手は、より下手なヤツに引っ張られる】


・・・・・・


どうにか終わって、スタジオを出るとき、インストラクターが一言、


「私が、フリーズする足を間違っちゃってスミマセンでした」


ぼく、「・・・・・・」

0 件のコメント: