2012年3月29日木曜日

うなぎ犬

・・・・・・・っということで、「うなぎ犬の」ステップに出た。

このあだ名は本人にとって可哀そう。

だって、目鼻立ちのはっきりした美人なんだもの。

でもねぇ~、見た瞬間このあだ名が頭に浮かび、ピッタリと当てはまっちゃたんだからショーがない。

ホントーにゴメンね。m(_ _ )m

胴が長い。(そういう風に見えるウェアだったもんね。)

おまけに髪を高くお団子に結っているので、全体的にひょろ長く見えるんだよね。

だから、うなぎ犬。

・・・・・・・

彼女、本日は「アイラインの女王」の代行で中級クラスを持った。

このクラブでは他にクラスを持っていないようなので、多分もう会うことはないだろう。

そういうワケだろうと思うが、いつもより参加者がずいぶん少なかった。

一発限りの代行の場合、案外インストラクターって緊張するんじゃないだろうか?

彼女もしきりに緊張するっを連発していた。

かなり独特のコレオグラフィーを用意してきた。

慣れないせいもあるが、結構複雑系+忙し系だった。

もちろん参加者にとって、初めての振り付けである。

こういう時って、地元メンバーの本当の実力が分かるんだよね。

・・・・・・・

後ろ足クロスオーバー⇒背面にくるっと回ってチャチャ⇒右足タップ⇒後ろ足クロスオーバーで戻りフリーズ⇒リズムチェンジで回りながら⇒台をシャッセで渡り⇒残った足で台をまたぎ前周りで戻る

これが1ブロック目の前半。

後半は、後ろ足マンボオーバー⇒その場でチャチャ⇒前足を台に乗せたまま後ろ回転でトントン半周り⇒ジャンプ半回転して足を入れ替える⇒チャチャで超えて一息つき⇒普通のベーシックターン

こう書けば簡単。

でも、皆さんできないんだよね。ぼくも含めて・・・・・・・(^_^;)

彼女はこの1ブロックしか用意してこなかったが、40分の時間一杯かかってしまった。

・・・・・・・

面白かった。

スッゴク面白かった。

スタジオを出るときに、そう彼女に告げた。


//

1 件のコメント:

ханяма さんのコメント...

キチンと伝えてあげたんですね。

わたしも慣れないハンガリー人
インストラクターに、
これまた慣れない英語で
「Thanks」って言ったときの
彼の嬉しそうな顔、忘れられません。

きっとうなぎぃも嬉しかったことでしょう。