2014年9月22日月曜日

【ダブルヒップシェーク】と【ヒップシェーク】の違い

・・・・・・っということで、やっぱぼくって信用ないよナァ~~って、思い知らされました。
今日は一番好きなスーちゃんのエアロビクスに出たんだけど、

たまには最前列ど真ん中、

インストラクターの真後ろ、

かぶりつき席でスーちゃんのお姿を拝もうと思ったワケさ。

そのことを入り口で挨拶するスーちゃんに言ったら、

「絶対に間違わないでネ」とプレッシャーをかけられちゃったワケさ。(もちろん冗談)

まあ、ハイインパクト付きとはいっても、ぼくにとってはそれほど難しくないので、迷惑がかかるほどの間違いは犯さないという自信はあったのネ。

・・・・・・

・・・んで、前半のローインパクトは無難にこなし、次のハイインパクトも難なくマスターしたワケさ。

そのハイインパクトの入りが【ヒップシェーク】なワケ。

スーちゃんそれだけじゃ物足りないと思ったらしく、あのハイインパクト定番の、【ダブルヒップシェーク】で後ろに下がり、シングルヒップシェークで間をとり、手を叩きながらジョグで帰ってくるアレをローとハイの間に加えたのさ。

分かりますよネ。

そこで、スーちゃんが「これが終わったらスグにハイインパクトの【ヒップシェーク】に入るのよ」と言ったのネ。

最前列のぼくは、ちゃんと彼女の意図が分かった。

慌しい入り方だったから、彼女はそう念を押したんですよ。

・・・・・・

・・・んでもって、最後の通しに近かったから、彼女は最前列に任せて、オーディオ装置を調整に行ったのさ。

ローインパクトの終わりに近づいたとき、

彼女はこう言ったのダ

【はい次はダブルヒップシェーク】

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

彼女の意図を察しているぼくは、当然【ダブルヒップシェーク】をしながら後ずさりしたのサ。

当然だわサ。

ところが、

ところがですよ、

ぼく以外の全員がハイインパクトの【ヒップシェーク】をしだしたのサ。

ぼく以外の全員がですよ・・・・・・(@_@)

オーディオを調整していたスーちゃんビックリして振り返る。

ぼくは、後ろの女性に「アンタ間違っているわよ」ってな感じで押し戻される。

唖然とするスーちゃん。

ボーゼンと立ちつくすぼく。

・・・・・・

スーちゃんそこで、自分の出した指示を皆理解していないことに気付く。(Except meね)

そう、ここに集まった連中はその程度の初心者だったワケさ。

【ダブルヒップシェーク】と【ヒップシェーク】の違いが分からなかったのネ。

もちろん、スーちゃんの反応を見て、スタジオ内の皆が????となって、止まっちゃったのね。

・・・・・・

まあ、それはそれでイイ。

初心者クラスとしては、それでイイ。

ゼンゼン問題ないわな。

でもね、

でも、一人だけ正しい動きをしていたぼくに、だれも合わさなかったっという事実。

これにはショックだわサ。

最前列、ど真ん中、インストラクターの真後ろ、かぶり付きでやっていたぼくのことを、

・・・

誰一人としてぼくを信用していなかったというその事実。

これにはショックだわサ。

そりゃぁ~、動きとしては上等じゃないですよ。

見るからに、信用ならん動きをしていますよ。

見るからにジジイですもんね。

他の最前列の、一見上手そうな女性のほうが信用できるように見えますよ。

でもねぇ~~~

あからさまにそのことを見せ付けられたんですヨ。

やっぱジジイって信用ないよナァ~~って、思い知らされました。

(T_T)







0 件のコメント: