2013年2月5日火曜日

日体大をナメんなよぉ~~

・・・・・・っということで、「日体大出身クン」のステップ。

明らかに彼の苦手意識がレッスンを受けるぼくらに伝わる。

初中級クラスなんですけれど、

一応、ステップ養成コースを修了しましたよ・・・ってなレベル。

あまり言いたくないけど、頑張ってねぇ~~~~

・・・・・・

ところが、次の中級エアロビクス。

彼は変身するのである。

水を得た魚?

電話ボックスを見付けたクラーク・ケント?

怒りの対象を見出した超人ハルク?

タバコを吸ったエイトマン?(古すぎて分からんだろうなぁ)

・・・・・・

まあ、ドーでもいいが、思いっきり変身するのである。

ステップのときの彼とは全く別人なのである。

変幻自在、自由奔放、神出鬼没(これは違うな)・・・

とにかく、コレオグラフィーに無理がないのである。

悩んだ形跡が一切見出せないのである。

自然、スムーズ、豪華絢爛(これは違うな)・・・

・・・・・・

彼の中級エアロビクスには今回が3度目の参加である。

先週はもう一歩のところで出来なかった感触を抱えたまま、今日の参加である。

ヨォ~~~シ、今日はやったるでぇ~~~

・・・ってな気合を持って参加した。

中級だから2ブロックね。

先週のは忘れてしまったが、タブン今回も1ブロックくらいは同じだろうと淡い期待を持っていたことも確かだ。

・・・・・・

ところが、2ブロックとも新しいコレオグラフィーだった。

・・・ってぇことは、彼は毎週違ったコレオグラフィーを用意して来るってぇこと?

そうなんです。

彼にとって、中級のコレオグラフィーを作るなんざ、朝飯前。

地球の回転を逆回しにするスーパーマンみたいなもの。

それも完成度が高い。

動きに無駄がない。

スムーズ。

流石、日体大出身。(実を言うとぼくが勝手に付けたあだ名なんです。)

・・・・・・っで、

1ブロック毎は、どうにか覚えられるんです。

でもねぇ~~

2ブロック続けるとねぇ~~~

・・・・・・

今日の参加者の中で、男性はぼく一人。

皆出来るんですねぇ~~~

ぼく以外。

何で、初めてのコレオグラフィーなのに、すぐ出来ちゃうの?

ねぇ、皆んなぁ~~~~

インストラクターの癖に慣れているのぉ~~~?

ねぇ、皆んなぁ~~~

こう見えてもぼくは以前3ブロックの上級エアロビクスに出ていたこともあるんですけど。

なんで、ぼくだけオロオロする醜態を見せ付けなきゃならんの?

まあ、左端の最後部でやっていたけどサ。

ただでさえ、唯一の男性。

ただでさえ、最高齢の参加者。

ただでさえ、レンタルウェアを着ているんだけどサ。

・・・・・・

オォ~~ッシ、来週はリベンジじゃ(^o^)丿

















0 件のコメント: