2015年5月29日金曜日

オバサンたちのエアロビクス

・・・・・・っということで、またあの変なオバサンと場所の取り合いをしなきゃならんのかと思うと、気が重くて参加する意欲が失せていた。

開始ギリギリに着いたのだけれど、右大臣席は空いたままだった。

嫌な予感が頭をよぎったのだけれど、恐る恐る右大臣席に入った。

始まりと同時にぼくのさらに右側、即ち新右大臣席を作ったオバサンがいた。

なんで、そんなに狭い所に入るのか理解できないが、オバサンはオバサンでもあの変なオバサンとは違うオバサンだった。

どうしても最前列の端っこでないと気が済まないのだろう。

だったら、もう少し早く来てその場所を確保すればいいのに、ぼくにはオバサンの行動が理解できない。

まあ、あの変なオバサンがぼくの目の前に割り込んだときと比べれば、同じ変なオバサンでもその変な度合いが少しだけ少ないオバサンなのだと思って我慢することにした。

ウォームアップ中、いつあの変なオバサンが僕の目の前に出現するのではないかと、ハラハラし通したった。

幸い、あの変なオバサンはついに現れることはなかった。

新右大臣席のオバサンといえば、かなり慣れたオバサンで、ぼくに迷惑がかかるという事はなかった。

レッスンもCDデッキの音がしょっちゅう飛ぶ以外は、平和裏に進んだ。

ただぼくの真後ろのオバサンが、あの前にステップニーをして、180度回転して後ろにステップニーする簡単なヤツがどうしても出来ず、最後まで一方方向にしか回転できなかった。

ぼくが気を使って、今度は右回り、次は左回りを教えてあげるために、大げさに回転方向を手で示してあげているのに、反時計回りを頑なに続けるのであった。

世の中には、右回転と左回転を切り替える機能が壊れているオバサンがいるのだと知った。

そんなこんなで、今日はとても平和なエアロビクスでした。

(^o^)丿






0 件のコメント: