2015年5月19日火曜日

類は類を呼ぶのか?

・・・・・・っということで、開始時間ギリギリだったけど、いつもの右大臣席が空いていたのでスンナリ入った。
開始後、5分は過ぎただろうか、小柄なオバサンが遅れてやってきた。

いやな予感がしなかったかというと嘘になる。

こともあろうにそのオバサン、ぼくの目の前50cmに割り込んできたのである。

しかも何の挨拶もなしに・・・・

異常な行為である。

だって、ここは体育館、他にいっくらでも空きスペースがある。

それをわざわざ、なんで最前列のぼくの目の前なんだぁ?

足の踵でケツのあたりを思いっきり踏みつけて、

「オラァ~~~目障りじゃ、消えて失せろぉ~~」
っとやる寸前で我に返った。

このオバ、頭がおかしいんだ。

気がふれているに違いない。

精神疾患の病人だと気付いたのである。

そうじゃなきゃ、こんな異常行動を取れるはずがないではないか。

ここは大人の男、二歩下がって、更に右に5歩移動し、壁際まで移動しましたよ。

そのオババ、当然のように元ぼくがいた場所に納まりましたよ。

それだけで済んだら良かったのだが・・・・・・

さて、本番が始まりました。

キャッチが悪い。

テンポもズレている。

おまけに左右の動きが逆。

ナンだろうねぇ~

運動神経以前の問題なんだろうねぇ~

心優しきぼくなんか、そうだよなぁ~

こういう初心者こそ最前列で練習すべきだよなぁ~

なんて、本気で考えかけてしまいましたよ。

ホント、お人好し。

いろんな変なヤツを見てきたけど、このオババ、元の位置に戻らないんだぜ。

ようするに、定位置なんかお構いなしに、漂流しはじめるわけ。

まあ、それだけレッスンに必死になって余裕がなくなっているとも言えるけど、

何でオレの前を遮るように流れ着いてくるの?

右に逃げれば右に、後ろに逃げれば後ろに・・・

左から回り込んで、前に追い越せば右からさらに割り込んでくるといった具合。

給水タイムが終わって、元の右大臣席に戻ったら、右に大人しくしていたと安心したのもつかの間、

また50cm前に割り込んでくる。

何でこの広い体育館、ぼくだけ逃げ回らなきゃならんの? ねぇ?

右に追いやられ、壁際でなんでチマチマやらなきゃならんの?

・・・・・・

その一部始終を見ていたインストラクターに目で訴えると、プハッて吹き出していましたよ。

まあ、ぼくも相当な変人だとは自覚しているけど、

やっぱ、類は類を呼ぶのかねぇ~  (T_T)大泣き




0 件のコメント: