2015年2月20日金曜日

体育館エアロと認知症の入り口

・・・・・・っということで、長女が言うには、認知症の兆候にはいくつかあるけれど、昔の趣味に興味を持てなくなるのもその一つなんだよねぇ~って・・・・・・

この言葉にドキッとした。

実は、今日、体育館エアロの日だったのだ。

初心者クラスとはいえ、真面目に取り組めばそれなりの効果と喜びが得られることは知っている。

ほとんど運動をしなくなった今、このクラスは貴重である。

そういう自覚の基に参加したのだけれど・・・・・・

途中で飽きてしまった。

クロスステップ、4歩目でニーアップ、マンボ、グレープヴァインのあとエルビス、Vステップ・・・・・・???

もうやり飽きたよ。

12年前となんら進歩がネェ~じゃねえか。

そんな風な考えが頭をよぎった途端、気持ちが萎えた。

萎えた途端、自分の動きが惰性になった。

こうなったらオシマイ。

この動きも、この汗も、肉体への負荷も、全てが無意味なものに成り下がってしまう。

・・・・・・

これが認知症の入口なのだろう。

0 件のコメント: