2016年8月20日土曜日

インストラクターと知能指数

・・・・・・っということで、これで3回目の体育館エアロビクス。

今日はインストラクターの兄ちゃんと話せるかなぁ?

・・・っといっても、話す話題なんか無いのだが。

とりあえず掴まえて、 どのくらいの頻度でコレオグラフィーを変えるのか聞いてみた。

なにかゴチャゴチャ言っていたが、要約すると1ヶ月毎との返事。

たった1ブロックを月4~5回も繰り返すのかぁ。ちょっとガッカリ。

次に、いつ頃からここの担当になったのか聞いてみた。

質問の意味がよく分からないようだ。

すると、参加者のオバサンが体育館が暗いから明るくしてくれと声がかかったので、話は途中で遮られてしまった。

兄ちゃん、奥に引っ込み、何かの操作をした。

すると、明り取りの窓のカーテンが閉まりだし、ますます体育館が暗くなってきた。

オバサン呆れて、「これじゃますます暗くなるじゃない」と半ば呆れたように兄ちゃんを嗜める。

・・・・・・

やっぱりコレオグラフィーは先週と同じ、ぼくにとって3回目。

そこで、最後部の端っこに場所をとって、全体を見回すことにした。

参加者は18人。

そのうち男性はぼくを含めたったの2人。

印象としては、若めのオバサンが前列を占めているようだ。

やはり名物だったバアサンもジジイも居なくなっていた。

最後列の端っこにしたのは、自分勝手にアレンジを加えてみようと思ったからである。

といっても、ぼくのアレンジなんか大したことがなく、マンボをピボットターンにして、パドブレの最後に回転を加える程度である。

もし、最前列でやってしまったら、超目立つだろうし、へんなジジイと思われてしまうことだろう。

・・・・・・

終わってからもう一度兄ちゃんを捕まえて、雑談を試みた。

以前の担当だった美人インストラクターは結婚したあとすぐに妊娠して、インストラクター業を辞めてしまったこと。

兄ちゃんは去年の9月からここの担当になったので、もう1年になるらしいこと。

間近に観察することが出来た。

若い。たぶん30歳前だろう。

背が高い。

いかにもスポーツマンらしく、好青年に見える。

たぶんモテるだろうなぁ~

ただし、条件がある。

それは、喋らなければ・・・という条件。

短い会話だったけど、人の話を理解する能力が極端に欠けているようである。

話す内容も、どこか要領を得ない。

レッスン中の指示が極端に少ないのも、たぶん話すのが苦手なのだろう。

・・・・・・っで、ぼくが下した診断。

ちょっと知能が足りない。

ザンネン。

娘の結婚相手にどうだろうという目で観ると、落第。

外見はいいのだがナァ~~~~~(>_<)







0 件のコメント: