2013年6月30日日曜日

都営体育館のインストラクター

・・・・・・っということで、現在ビール飲み放題90分一本勝負を開始したところ。

さて、何杯飲めるか。

最低、8杯は行きたいなぁ~(^o^)丿

・・・っというのは、14時からのエアロビクスに参加して、イッパイ汗をかいてきたから。

今日のクラスはウォーキングエアロビクス。

一昨日参加した中級よりはレベルは一つ下の2ブロック構成。

日曜日であるにもかかわらず、スタジオは半分位の入り。

だいぶ昔だけれど、カミサンが通っていたときは、土日は超満員だったそうだ。

エアロビクスの人気が下がってきたのかなぁ~

なんて心配をよそにインストラクターは元気だ。(^o^)丿

そうだよなぁ~

インストラクターは、このくらい元気じゃなくっちゃネ。(^o^)丿

月末だからか、

このインストラクターだからか、

めちゃくちゃテンポが速い。

ウォームアップの速さだけを比べてみれば、完全に上級クラスレベルだ。(@_@)

もうウォームアップで付いていくのが精一杯でヘロヘロになってしまった。

・・・・・・と、たまたま給水タイムで冷水器の前で一緒になったインストラクターに言った。

・・・・・・

ずうっと民間のフィットネスクラブを経験してきたぼくの興味の対象は:

「公営と私営ではインストラクターの教え方に違いがあるのか?」

・・・だ。

だが、我ながらバカな設問だった。

・・・・・・

彼女たちは(彼らたちも一応加えておくべきだが)、一回450円の顧客と、会費一月13,000円の顧客の違いなんて全く気にしていないのだ。

自分の用意してきたコレオグラフィーを精一杯展開して、参加者の出来具合を観察し、調整し、そして参加者の一人ひとりが、自分のクラスに参加したことで満足しているか?

それだけだ。

公営、私営全く関係ない。

・・・・・・

ここで、飲み始めて1時間15分。

あと15分しか残っていない。

いまは7杯目。

ジョッキにはまだ1/2残っている。

んんん~

・・・・・・

駆けつけ8杯のあだ名を頂戴したぼくとしては、

自分の衰えを真摯に受け止めざるを得ない

・・・のか?






0 件のコメント: